芸能人有名人

森田隆之/NEC社長の経歴や学歴は? 妻や子供が気になる!

NEC(日本電気株式会社)は30日に、最高財務責任者(CFO)である森田隆之副社長が、2021年4月1日付で社長に昇格する人事を正式に発表しました。

新野隆現社長から5年ぶりとなる社長の交代ですが、今回新たに社長に就任される予定の森田隆之副社長がどのような方なのか気になります。

森田隆之新社長のこれまでの経歴や学歴、最終学歴や年収、家族構成などを調べましたのでご紹介します。

ちゅうこ
ちゅうこ
新社長に期待の声が聞こえてきますね。

森田隆之NEC社長の経歴は?

森田隆之氏の経歴

1983年3月:東京大学・法学部卒業

1983年4月:日本電気株式会社入社

2002年4月:事業開発部長に就任

2006年4月:執行役員 兼 事業開発本部長に就任

2008年4月:執行役員に就任新野隆

2011年7月:執行役員常務に就任

2016年4月:執行役員常務 兼CGO (チーフグローバルオフィサー) に就任

2016年6月:取締役 執行役員常務 兼 CGO (チーフグローバルオフィサー)に就任

2018年4月:代表取締役 執行役員副社長に就任

2018年6月:代表取締役 執行役員副社長 兼 CFO(チーフフィナンシャルオフィサー)に就任

2021年4月1日:日本電気株式会社第16代社長に就任予定

2021年4月にNECの第16代社長となられる森田隆之新社長の経歴を見ていきます。

NECといえば、日本の家電用機器販売メーカーとしては、日本でもソニーやパナソニックと並び、その名は世界にも広がっています。

また、日本初のパーソナルコンピューターを販売したことで有名で、パーソナルコンピューターといえばNECと、国内トップのシェアを持っていました。

近年ではテレビやエアコンなど家庭用機器の販売から撤退し、サービスで稼ぐ事業モデルへの転換などを目指してきた、新野隆現社長が進めてきた改革に一定の区切りがついたために、新たな挑戦に向かうための社長交代となっようです。

今の体制を刷新し、NTTとの資本提携を軸にした5G次世代通信網の構築や、M&Aを得意とする森田隆之新社長のもと、海外事業の拡大などで成長を目指すようです。

森田隆之/NEC社長の年収は?

森田隆之新社長は大学を卒業したあと、NECの中で会社一筋に活躍してこられた方です。

森田新社長は入社5年目にアメリカに赴任し、現地でNECとして初の大型買収を手掛けるなど、これまでM&A(合併・買収)戦略を一手に担い、海外事業の責任者も務めてきました。

現在NECの連結売上高に占める海外の比率は約25%にとどまり、今後は海外経験の豊富な森田新社長のもとで事業を拡大させていくのではないかと見られています。

NECが国内の白物家電から撤退し、市場から姿を消したのは残念ですね。

これからは本来の得意とする通信やインフラ整備などで、日本の品質と性能の高さをアピールしてもらいたいです。

NECの年代別平均年収

平均年収798.9万円

20~24歳 約21万円 298万円

25~29歳 約39万円 574万円

30~34歳 約45万円 616万円

35~39歳 約46万円 637万円

40~44歳 約52万円 711万円

45~49歳 約58万円 810万円

50~54歳 約62万円 889万円

55~59歳 約62万円 880万円

60~65歳 約42万円 574万円

有価証券報告書を見てみると、以上のような内容となっています。

59歳までがピークで、60歳を超えてから急に下がるような傾向であるようです。

この他に総合職や一般職の他、役職が就くと年収に大きく開きがあり、課長クラスでは1000万円を超えるケースも多いようです。

競合他社と比べると、ソニーよりは年収は低いものの、富士通やパナソニックと比べてみると、高い水準にあるようです。

では、森田隆之新社長の年収はいかほどになるのでしょうか。

有価証券報告書によりますと、現在の取締役会長の遠藤信博氏の年収は1億1700万円で、代表取締役執行役員社長の新野隆氏の年収は1億2000万円となっております。

他の取締役の平均年収は7100万円となっており、現在の森田隆之氏の副社長としての年収1億円に届かないのではないかと思われます。

社長の就任した後の年収は想像の域を出ませんが、1億円前後になるのではないかと思われます。

生涯年収が平均2億円と見た場合、わずか2年の年収と考えると正に天地雲泥の差と思えます。

森田隆之/NEC社長の学歴は?

次に森田隆之新社長の学歴について調べてみました。

大手電機気メーカーのNECは、高学歴の採用を積極的に行っているようです。

森田隆之新社長も非常に高い学歴であることが分かりました。

出身大学

森田隆之新社長は、1983年に東京大学の法学部を卒業されています。

東京大学法学部の偏差値は67.5で、国立大学の法学部としては、一橋大学や京都大学と並び、日本の最高峰に位置する学部です。

東京大学法学部からは、政治の分野ではもちろんですが、法曹界やメディアにいたるまで、多くの著名な方が卒業されています。

映画監督の山田洋次さんや、シンガーソングライター小椋佳さん、タレントで予備校講師の林修さんなど、異色の方も卒業されています。

日本の最高学府にふさわしい方ばかりであることに納得し、森田隆之新社長の優秀さも分かる気がします。

出身高校は?

森田隆之新社長の出身高校についても調べてみましたが、残念ながらこちらは情報がありませんでした

大阪府出身とのことですので、大阪の高校ではないかと思います。

大阪で進学校で有名な高校といえば、現在では北野高校や大阪星光学院高等学校が偏差値が76と最も高く、次いで天王寺高等学校が75ですので、これらの学校を卒業したのではないかと思われます。

今後、情報が出てくる可能性もあるので、情報が入りましたら追記したいと思います。

森田隆之NEC社長の年齢は?

森田隆之新社長の生年月日ですが、1960年(昭和35年)2月5日生まれで、現在60歳です。

1960年は子年になるようです。

1960年は今上天皇もお生まれになっている年であり、他の有名人としては船越英一郎さん、生瀬勝久さん、佐藤浩市さん、黒木瞳さん、美保純さん、岸本加世子さんなどがいらっしゃいます。

子年の特徴としては、柔和で明るい性格をしており、いつも穏やかでにこにこ笑顔を浮かべているので、人から好かれやすいという特徴があるようです。

愛嬌もあり、人づきあいが良いため、グループではマスコット的な存在になることも多くなっています。

森田隆之新社長も、柔和で明るい性格で人の心をつかみ、M&Aなどの大きな仕事に力を発揮されたのではないでしょうか。

今後もその力を発揮して、日本のブランド力の発信に力を使っていただきたいと思います。




森田隆之/NEC社長の妻や子供は?

では、新社長となる森田隆之氏を支えてこられた奥様やご家族はどのような方なのでしょうか。

いろいろと調べてみましたが、残念ながらご家族に関しての情報は確認できませんでした

仕事柄海外への出張や国内を飛び回ることが多いので、家庭を守ってこられた奥様も、素晴らしい方ではないかとお思います。

家族構成につきましても、情報が入り次第追記したいと思います。

まとめ

  • NECの森田隆之さんは、第16代社長に就任。
  • 森田隆之新社長は、1960年(昭和35年)2月5日生まれで、現在60歳。
  • 森田隆之新社長は東京大学法学部を卒業。
  • 森田隆之新社長の出身高校は明らかにされていません。
  • 森田隆之新社長は、大学を卒業後NECに入社。
  • 森田隆之新社長の年収は1億円前後になると予想。
  • 森田新社長の家族構成は公開されていません。

日本の代表的な企業であるNECですが、コロナ禍の中で経済的な疲弊も進む中、どの様な舵取りをしていくのか気になります。

NECがこれまでの経営戦略から、新たな局面を国内外にアピールしていくのか、森田隆之新社長の手腕に期待し、注目をしていきます。