芸能人有名人

出澤剛/LINE社長の経歴や学歴は?家族はどんな人?

先日経営統合を発表したLINEとYahoo。今後Googleに打ち勝つために施策を練っているのだと思われますが、LINE社長である出澤剛氏は、どんな人なのでしょうか。

LINE社長になるまでの経歴やそもそも社会人になるまでは、どのようなことを学ばれてきたのでしょうか。

今後、何かと話題になること間違いなしのLINE社長出澤剛氏に迫っていきましょう。

ちゅうこ
ちゅうこ
日本のIT業界を引っ張っていくLINE社長の出澤剛氏って、どんな経歴をお持ちなのか気になりますね

出澤剛/LINE社長の経歴は?

<出澤剛氏の経歴>
  • 1996年4月:朝日生命保険相互会社に入社
  • 2002年4月:株式会社オン・ザ・エッヂに入社
  • 2003年12月:エッヂ株式会社執行役員副社長に就任
  • 2007年4月:株式会社ライブドア(現NHNテコラス株式会社)代表取締役社長に就任
  • 2012年1月:LINE株式会社(現Aホールディングス株式会社)取締役ウェブサービス本部長に就任
  • 2014年1月:同社取締役COOに就任
  • 2014年1月:同社代表取締役COOに就任
  • 2015年4月:同社代表取締役社長CEOに就任
  • 2017年10月:LINE Book Distribution株式会社代表取締役に就任(現任)
  • 2018年1月:LINE Financial株式会社代表取締役に就任
  • 2018年7月:LINE Digital Frontier株式会社代表取締役に就任
  • 2018年12月:LINE Financial株式会社取締役に就任
  • 2019年12月:LINE分割準備株式会社代表取締役に就任
  • 2019年12月:一般財団法人LINEみらい財団評議員に就任
  • 2021年2月:LINE株式会社(旧LINE分割準備株式会社)代表取締役社長CEOに就任(現任)
  • 2021年3月:Zホールディングス代表取締役Co-CEO(共同最高経営責任者)に就任(現任)

LINE株式会社の親会社は、韓国に本社を置く、韓国最大のインターネットサービス会社NAVER株式会社です。

LINE株式会社は、LINEだけでなく、NAVERまとめやBLOGOS、ライブドアなどの運営も行っています。

親会社も含めたグループ全体では、約4,000名の社員がいます。
LINEは、今では私たちの通信手段として、欠かせないものとなっていますよね。

LINE株式会社の出澤剛社長は、大学を卒業後、給料がよくて楽そうということから朝日生命保険に入社しました。

八王子へ配属されて5年ほど働いたそうですが、実際は入社前のイメージとは全然ちがっていたそうです。

就職氷河期に入社したため、一向に新卒が入ってこない状況も相まって、毎年異動を希望しましたが叶いませんでした。

そうして悶々としていた頃に、社外留学制度の存在を知り、その制度を利用して働いたのが、当時、堀江貴文さんが立ち上げていた、オン・ザ・エッヂでした。

1年間の予定でしたが、インターネットビジネスのおもしろさに気づき、加えて働いている人たちも魅力的だったこともあり、ここでもっと仕事がしたいと思い転職したそうです。

出澤剛社長が、オン・ザ・エッヂに転職してから3年後には、ライブドアに社名を変更し、会社も急速に成長していきました。

出澤剛社長は社員になる際に、何か新しいことを一つやれといわれ、当時、携帯電話が主流で、モバイルインターネットの中のコンテンツをつくるビジネスが大きくなっていたところに参入し事業をおこしました。

そして、事業は成功し1年後には副社長になりました。

ライブドア事件後には、堀江貴文さんのあとをついで、社長に就任し、ライブドア社の再建に取り組みました。

2010年には、ライブドアがNHN Japanに買収されましたが、当初は、ハンゲームのNHN Japanと、「NAVERまとめ」などを行っていたネイバージャパン、そしてライブドアの3社にグループ内でも分かれていたそうです。

経営統合したのは買収から2年後で、2013年に、LINEを含むウェブサービス事業を切り出して、LINEという会社が誕生しました。

出澤剛/LINE社長の年収は?

LINE株式会社の平均年収は、771万円でした。

<LINEの年代別平均年収>
  • 2015年 769万円
  • 2016年 743万円
  • 2017年 716万円
  • 2018年 716万円
  • 2019年 771万円

情報・通信業界の他の上場企業の平均年収は613.7万円ですので、LINE株式会社は157.2万円も高いです。

また日本の2020年度の平均年収は、409万円ですので、通信・情報業界全体が高いといえます。

2019年度の有価証券報告書によると、出澤剛社長の役員報酬は2億7,400万円でした。

LINE株式会社で、ほかにも1億円を超える報酬をもらっているのが、慎ジュンホさんが6億円、黄仁埈さんが1億5,000万円、舛田淳さんが2億2,200万円でした。

従業員の平均年収同様、通信・情報業界の給与は高額であることが分かります。




出澤剛/LINE社長の学歴は?

LINE株式会社の出澤剛社長は、早稲田大学政治経済学部を卒業されていて、高学歴であることが分かりました。

出身大学

LINE株式会社の出澤剛社長は、早稲田大学政治経済学部を卒業されています。

早稲田大学政治経済学部は、日本国内の私立大学文系学部の中で最難関に位置づけられています。

政治経済学部は、早稲田大学のなかでも、特に難関で、偏差値は70.0と非常に高いです。共通テストでも9割の得点が必要とされます。

早稲田大学政治経済学部は、福田康夫元首相や野田佳彦元首相などの総理大臣経験者をはじめとして、国会議員や知事、市長などたくさんの政治家を輩出しています。

また、経済界でも、ファーストリテイリングの柳井正社長や、宝塚音楽学校理事長で阪急阪神ホールディングス代表取締役社長の角和夫社長、小田急電鉄の星野晃司社長など他にもたくさん企業のトップを務められている方がいらっしゃいます。

私立最難関校なだけあって、日本の政治、経済を動かしている方々がたくさん卒業されています。

出身高校は?

LINE株式会社の出澤剛社長は、長野県野沢北高等学校のご出身です。

野沢北高校の卒業生には、「君の名は。」の新海誠監督や宇宙飛行士の油井亀美也さんがいらっしゃいます。

地方の高校からまったく違う分野で、活躍されている方々が、こんなにいらっしゃるのはとてもすごいですね。

また、出澤剛社長は長野県佐久市のご出身でいらっしゃいます。

佐久市は群馬県の県境にあり、長野県の東側に位置します。
東信地方第二の都市といわれ、新幹線の開通以降は大型店舗が出店するなど急成長しました。

出澤剛/LINE社長の年齢は?

LINE株式会社の出澤剛社長は、1973年(昭和48年)6月9日生まれの47歳です。

LINE株式会社の出澤剛社長は、インターネット業界とは関係のあまりない分野から飛び込み、ライブドアの急成長とともに、一気に通信業界の中心的な存在になっているという変わった経歴の方でした。

すでに多くの人が利用しているLINEですが、LINEショッピングやLINE Payなど、次々と新しいサービスを生み出しています。

最近では、ヤフーと経営統合し、日本最大級のIT企業となったことが話題となっています。

「検索・ポータル」「広告」「メッセンジャー」を根幹領域と定め、「コマース」「ローカル・バーティカル」「Fintech」「社会」の4つを集中領域と、定めた事業の拡大を目指すそうです。

経営統合の際に触れられた、「スーパーアプリ」も、私たちの生活を、どのように変えるのか、とても気になります。

日本のIT業界を引っ張っていくこととなる出澤剛社長が、ヤフーとともに、今後どのような動きをするのか目が離せません。

出澤剛/LINE社長と堀江貴文の関係は?

LINE株式会社の出澤剛社長と堀江貴文さんの出会いは、出澤剛社長が朝日生命保険から社外留学で、堀江貴文さんの立ち上げたオン・ザ・エッヂへ出向したことがきっかけです。

出澤剛社長は、堀江貴文さんのユニークな人柄と働いている最高峰のエンジニアたちが、魅力的であったことが転職の決めた理由の一つであると話しています。

出澤剛社長はインタビューで、堀江貴文さんについて聞かれこう答えています。
「世の中の不合理な点を見つける嗅覚は天才的で、そこに対して最短距離で、なんとかしようとチャレンジする人」

出澤剛/LINE社長の家族はどんな人?

LINE株式会社の出澤剛社長は、ご結婚されていて、2013年と2016年に生まれた2人の娘さんがいらっしゃいます。

インタビューでは、奥様は土曜日がお仕事なので、2人の娘さんを公園に連れて行ったりしていると話しています。

まとめ

  • LINE株式会社の出澤剛社長は、1973年生まれの47歳です。
  • LINE株式会社の出澤剛社長は長野県の野沢北高校を卒業されています。
  • LINE株式会社の出澤剛社長は早稲田大学政治経済学部を卒業されています。
  • LINE株式会社の出澤剛社長は大学卒業後、朝日生命保険に入社しています。
  • LINE株式会社の出澤剛社長は2002年にオン・ザ・エッジに転職しています。
  • LINE株式会社の出澤剛社長はライブドア事件後、ライブドアの社長に就任しています。
  • 出澤剛社長は2015年からLINE株式会社の社長を務めています。