芸能人有名人

川邊健太郎/Zホールディングス社長の経歴や学歴は?結婚相手は?

Zホールディングス社長である川邊健太郎氏は大学在学中に、有限会社電脳隊を設立し取締役になるほど、起業意識が高く、20年以上も前からIT関連の事業に取り組むという先見の明を持っている方です。

益々、これから活躍されるZホールディングス川邊健太郎社長の経歴から学歴、そして結婚相手についても深掘りしていきます。

ちゅうこ
ちゅうこ
川邊健太郎氏は、様々なサービスを成功に導いてきた人なので、今後のご活躍が気になりますね!

川邊健太郎/Zホールディングス社長の経歴は?

<川邊健太郎氏の経歴>
  • 1996年12月:有限会社電脳隊を設立、取締役に就任
  • 1998年3月:青山学院大学法学部を卒業
  • 1999年9月:株式会社電脳隊代表取締役社長に就任
  • 1999年12月:ピー・アイ・エム株式会社を設立、取締役に就任
  • 2000年8月:ヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)に入社
  • Yahoo!モバイル担当プロデューサーに就任
  • 2003年:同社Yahoo!モバイル担当プロデューサー兼社会貢献担当プロデューサーに就任
  • 2007年:同社メディア事業部シニアプロデューサーに就任
  • 2009年:同社メディア事業統括本部メディアサービス本部メディア企画部部長に就任
  • 2009年5月:株式会社GyaO(現株式会社GYAO)へ出向、代表取締役社長に就任
  • 2012年4月:ヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)執行役員COOメディア事業統括本部本部長に就任
  • 2012年7月:同社副社長COOメディアサービスカンパニー長に就任
  • 2013年4月:同社副社長COO
  • 2013年5月:株式会社アニマティック非常勤取締役に就任
  • 2014年6月:ヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)取締役副社長COOに就任
  • 2015年6月:同社副社長執行役員COOに就任
  • 2017年4月:同社副社長執行役員コマースグループ長に就任
  • 2018年4月:同社副社長執行役員CEOに就任
  • 2018年6月:同社代表取締役CEOに就任(現任)
  • 2018年9月:ソフトバンク株式会社非常勤取締役に就任(現任)
  • 2019年5月:紀尾井町分割準備株式会社(現ヤフー株式会社)設立、代表取締役社長CEOに就任(現任)
  • 2020年1月:株式会社ZOZO非常勤取締役に就任(現任)

Zホールディングスは、ヤフー株式会社として設立され、日本最大のウェブポータル「Yahoo!JAPAN」を運営してきましたが、2019年からはグループの再編によりZホールディングスに名前を変えています。

また、ソフトバンクの子会社でもありますが、Zホールディングス自体にも子会社が複数あります。

Zホールディングス株式会社の川邊健太郎社長は、青山学院大学在学中に電脳隊を設立し、1999年9月に代表取締役社長に就任しました。

1999年12月にはピー・アイ・エムを設立し、取締役に就任しています。

2000年にヤフー(現Zホールディングス)とピー・アイ・エムの合併に伴い、ヤフー(現Zホールディングス)に入社し、Yahoo!モバイル担当プロデューサーに就任しました。

「Yahoo!みんなの政治」「Yahoo!ニュース」などのサービスの責任者として活躍し、2009年からは、Gyao(現GYAO)の代表取締役社長に就任しています。

株式会社Gyao(GYAO)では、累積100億円もの赤字事業を2年間で、黒字化に成功しています。

2011年にはAERA「日本を立て直す100人」に選ばれ、2014年に「G1新世代リーダー・アワード」を受賞するなどの評価も受けています。

2012年にヤフー(現Zホールディングス)副社長、2018年6月から代表取締役社長CEOを務めています。

川邊健太郎/Zホールディングス社長の年収は?

ヤフー(現Zホールディングス)の平均年収は、2020年の有価証券報告書によると、1,105万円でした。

<ヤフー(現Zホールディングス)の平均年収>
  • 2015年 651.7万円
  • 2016年 714.2万円
  • 2017年 682.3万円
  • 2018年 766.9万円
  • 2019年 765.1万円
  • 2020年 1,105万円

ヤフー(現Zホールディングス)の年収を他のIT企業と、比較してみると、DeNaが790万円、楽天が755万円となっており、IT企業の中でも一番高いことが分かりました。

2番目に高いDeNaとも、315万円もの差があり、年収だけでみると群を抜いています。

<Zホールディングスの年代別平均年収>
  • 20代 376.7万円
  • 30代 528.4万円
  • 40代 669.9万円
  • 50代 774万円

また、年度別の平均年収をみてみると、どんどん上昇しています。

従業員の平均年齢が33.8歳と、他の企業と、比べると若いですので、ヤフー(Zホールディングス)で働いている方々は、若いうちからかなり高額な給与をもらっていることがわかります。

ヤフー(現Zホールディングス)の役員報酬についてもみてみると、川邊健太郎社長の役員報酬は、1億2,900万円でした。

ヤフー(現Zホールディングス)で報酬が、1億円を超えているのは、前社長でもある宮坂学会長が、1億4,200万円となっており、お二人でした。

川邊健太郎社長は他にも、ソフトバンクやZOZOの非常勤取締役もされているので、それらをあわせた報酬は、2億2,300万円となっていました。




川邊健太郎/Zホールディングス社長の学歴は?

Zホールディングスの川邊健太郎社長は、青山学院大学法学部を卒業されていることがわかりました。

初等部からなので、エスカレーター式に進学することが可能ですが、大学在学中から起業している点を考えると、学内でも優秀であったことが想像されます。

出身大学

Zホールディングスの川邊健太郎社長は、青山学院大学法学部を卒業されています。

青山学院大学法学部の偏差値は、62.5~65.0と私立の中では高く、関東の難関私立大学群を総称したMARCHのなかにも入っています。

青山学院大学の卒業生には、タレントのホラン千秋さんや、ミュージシャンの桑田佳祐さんなどの有名人もいらっしゃいますが、パイロットコーポレーションの伊藤秀社長やサイバーエージェントの藤田晋社長など、日本の有名な企業の社長もたくさんいらっしゃいます。

また川邊健太郎社長と同じ法学部の卒業生には、セブン&アイ・ホールディングスの井坂隆一社長や、西日本鉄道の倉富純男社長がいます。

出身高校は?

Zホールディングスの川邊健太郎社長は、青山学院高等部の出身です。

青山学院には、初等部中等部から入っており、初等部からの同級生には和泉元彌さんがいます。
青山学院初等部は、私立小学校のなかでも人気の学校で、芸能やマスコミ関係の家庭も多いのが特徴です。

川邊健太郎/Zホールディングス社長の年齢は?

Zホールディングスの川邊健太郎社長は、1974年(昭和49年)10月19日の46歳です。

東京都渋谷区恵比寿に、ご実家があります。
祖父は、自動車学校やタクシー会社を起業した実業家だったそうです。

大学在学中から起業し、ヤフーに入社後も様々なサービスを成功に導いてきた川邊健太郎社長ですが、46歳という若さで、インターネット業界を引っ張る存在となっているのはすごいです。

最近は、LINEとの経営統合で話題となっていますが、GAFAへの対抗軸として、どのような展開を見せていくのでしょうか。

また、経営統合後に取り組むとされている「スーパーアプリ」も、私たちの生活をどのように便利にしてくれるのか楽しみです。

川邊健太郎/Zホールディングス社長の結婚相手は?

Zホールディングスの川邊健太郎社長が、現在結婚しているかどうか、また交際相手がいるかどうかについての情報はありませんでした。

最近は、ヤギを飼っているそうで、ヤギたちの様子をSNSで、発信しています。

川邊健太郎社長は、2011年ごろからフリーアナウンサーの高橋真麻さんと、交際していたことが、当時話題となりました。

3年間もの交際期間があり、その間には、結婚まで考えたそうです。
しかし、2014年には破局したことを高橋真麻さんが、ブログで報告しています。

破局した理由について、お二人とも明言してはいないものの、川邊健太郎社長の女性関係が、原因だったのではないかという噂もあります。

また、川邊健太郎社長は、高橋真麻さんと交際する前、20代のときに、一度結婚し離婚されたご経験があるそうです。

まとめ

  • Zホールディングスの川邊健太郎社長は1974年生まれの46歳です。
  • Zホールディングスの川邊健太郎社長は青山学院初等部~高等部を卒業しています。
  • Zホールディングスの川邊健太郎社長は青山学院大学法学部を卒業しています。
  • Zホールディングスの川邊健太郎社長は大学在学中に有限会社電脳隊を起業しています。
  • Zホールディングスの川邊健太郎社長は2000年に合併に伴ってヤフーに入社しています。
  • Zホールディングスの川邊健太郎社長は株式会社Gyao(現GYAO)の代表取締役社長に就任しています。
  • 川邊健太郎社長は2012年からはヤフー(現Zホールディングス)の副社長を務めています。
  • 川邊健太郎社長は2018年からヤフー(現Zホールディングス)の代表取締役CEOに就任しています。