芸能人有名人

中埜裕子/ミツカンホールディングス社長の経歴や学歴は?夫や子供は?

2021年5月よりミツカンホールディングス社長に中埜裕子氏が就任することに決定しました。

中埜裕子氏の今までの経歴や学歴、家族について調べてみました。

ちゅうこ
ちゅうこ
長女の中埜裕子氏が社長に就任しましたが、今後の動きが気になります。

中埜裕子ミツカンホールディングス社長の経歴は?

<中埜裕子氏の経歴>

1999年:ミツカングループ(現ミツカンホールディングス)に入社
2016年9月:ミツカンホールディングス専務取締役に就任
2020年11月:株式会社ミツカン代表取締役会長に就任
2021年5月:同社社長に就任

ミツカンホールディングスの社長となった中埜裕子さんは大学を卒業後、家業であるミツカングループに入社しています。

ミツカンホールディングスは1804年の創業以来同族経営を続けているので、中埜裕子さんもミツカンホールディングスの経営に携わるつもりで入社されたのだと思います。

2016年からは、役員に就任し経営に携わっています。

2020年にはグループ会社である株式会社ミツカンの会長に就任し、2021年にミツカンホールディングスの社長に就任することとなりました。

中埜和英会長は、「私がオーナーも経営も執行も基本的にすべてやっていたが、継承するメンバーが成長し、経営や執行を次に引き継ぐ環境が整ってきた」と狙いを説明していて、裕子さんは経営と執行の橋渡し役となり、グループの成長戦略や計画立案、経営管理を主導し、妹の聖子さんは資産や資金の活用などを担当するそうです。

ミツカンホールディングスは、愛知県半田市に本社を構える調味料・加工食品メーカーで、お酢やみりん、料理酒などの調味料をはじめとしてふりかけやおむすびなど日本人の食生活にかかせない商品を販売している会社です。

ミツカングループは現在、株式会社ミツカンホールディングスを中心として日本とアジア、北米、欧州の3エリアで事業を展開しています。

中埜裕子/ミツカンホールディングス社長の年収は?

ミツカンホールディングスの平均年収は550万円です。

<年齢別平均年収>

20~24歳 331.2万円
25~29歳 449.2万円
30~34歳 518.3万円
35~39歳 566.4万円
40~44歳 611.5万円
45~49歳 662.5万円
50~54歳 694.4万円
55~59歳 668.8万円
60~64歳 447.6万円

ミツカンホールディングスは上場企業ではないので従業員の給与についてのデータはありませんが、口コミの調査によると、平均年収はこのようになっていました。

日本人の平均年収は436万円となっていますので、平均以上の給与が支払われている会社だといえます。

同じ食品業界で調味料を取り扱っている企業と比較すると、AJINOMOTOが865万円、キッコーマンが797万円、カゴメが773万円となっているため、食品業界大手の会社よりは年収は低いといえます。

ミツカンホールディングスの役員報酬については、同社は非上場企業のため、役員の報酬などが記載されている有価証券報告書を提出する義務がありません。

同じく、サントリーやロッテホールディングスなども同族経営ですが、ミツカンホールディングスと同様に非上場企業です。

そのため、中埜裕子さんがいくらの報酬をもらっているのかはっきりとした情報はありませんが、上場企業の同じ役職と同じくらいかそれ以上の報酬をもらっているのではないでしょうか。

ミツカンホールディングスの最高経営責任者(CEO)の中埜和英さんは過去に高額納税番付に掲載されています。

まだ高額納税者が公表されていた1999年に、中埜和英さんがミツカングループ本社副社長の時点で、6位に入っています。

そのため、現在でも社長や会長の報酬は相当高いと思われます。

中埜裕子/ミツカンホールディングス社長の学歴は?

中埜裕子さんの最終学歴は成蹊大学となっています。

出身大学

中埜裕子さんは成蹊大学を卒業されています。

成蹊大学は東京都武蔵野市に本部を置く私立大学で、「経済学部」「法学部」「文学部」「理工科学部」の文理4つの学部から成り立ちます。

偏差値は50.0~60.0と比較的高く、難関私大として数えられているMARCHに次ぐ難易度で準難関大学といえます。

成蹊学園の創設には三菱財閥が大きく関わっており、戦前は大学運用の大部分を三菱からの寄付でまかなっていました。

成蹊大学の知名度は関東では高いですが、全国的には低いといえます。

一般的には、実業家など金持ちの子どもが通う学校というイメージが持たれていますが、実際の内部進学は2割ほどだそうです。

卒業生には、安倍晋三元首相や俳優の中井貴一さんなどがいらっしゃいます。

出身高校は?

中埜裕子さんの出身高校についての情報はありませんでした。

中埜さんは成蹊大学に進学しており、成蹊大学には付属の中学校、高校があるので、そこからの進学である可能性があります。

成蹊学園は裕福な家庭の子どもが多く通っている学校ですので、中埜裕子さんも通っていた可能性があります。

しかし、出身が愛知県となっているので、愛知県内の高校から成蹊大学に入学したということも考えられます。

中埜裕子ミツカンホールディングス社長の年齢は?

中埜裕子さんの年齢については、今年で45歳となっています。

生年月日は公開されていませんが、1976年生まれだと考えられます。

妹の中埜聖子さんは42歳ですので3歳差の姉妹ということになります。

中埜裕子/ミツカンホールディングス社長の夫や子供は?

中埜裕子さんがご結婚されているかどうか、お子さんがいるかどうかについての情報はありませんでした。

しかし、妹の聖子さんの息子、中埜和英さんの孫に当たる子と生まれてすぐに養子縁組しているため、中埜家は血筋を大切にしていると考えられます。

そうであれば、中埜裕子さんにお子さんがいた場合も、真っ先に養子縁組などをするかと思いますので現在中埜さんにお子さんはいないのではないかと思われます

中埜裕子/ミツカンホールディングス社長の妹は?

ミツカン創業家の中埜家のお家騒動は2年前にはじまりました。

中埜裕子さんの妹の中埜聖子さんと中埜大輔さんが結婚することとなり、その際、姓を変えて婿入りし、ミツカンに入社することが結婚の条件であると中埜家が強く要望し、大輔さんはそれまでの金融業界でのキャリアを捨てて結婚を決意しました。

ところが、結婚し聖子さんが第一子を授かったと分かってから義理の両親である中埜和英さんと美和さんの態度が変わりはじめたようです。

ミツカン英国支店に勤務していてロンドンで生活していた夫妻のところに、息子の誕生を聞いた義父母がやってきて孫を養子縁組することを迫ってきました。

わずか生後4日でまだ名前すら決まっていない状態の子どもを差し出すように言われ困った大輔さんは「一晩待って欲しい」と返事しました。

するとそれに激怒した義父母がミツカングループを巻き込んだ組織ぐるみで親子の引き離しと大輔さんの追い出しを始めたというのです。

そして生まれたばかりの息子と大輔さんを引き離して養子縁組を結び、大輔さんを即日解雇しました。

このことに対して大輔さんは訴訟を起こし、ミツカンが敗訴しています。

聖子さんは大輔さんではなく中埜家をとり聖子さん側から離婚を申し立てています。

この騒動は当時メディアにも取り上げられ話題になりました。そして現在も4件の法的紛争が継続しているそうです。

2014年の段階では、妹の中埜聖子さんが先に役員に就任し、その後社長職が空席になったときにも実質的なトップになるなど、ミツカングループの経営に関しては聖子さんに任せる意向が強かったものと思われます。

しかし、このようなお家騒動が起こり、その影響があるかどうかは不明ですが、聖子さんをすぐに社長に就かせることが難しくなってしまい、裕子さんがひとまず社長に就いたのではないのかなと予想します。

実際に将来的には聖子さんにグループのオーナーを引き継ぐと明言されていますので、もしかすると裕子さんの社長就任は暫定的なものである可能性もあります。

まとめ

  • 中埜裕子さんは現在45歳です。
  • 中埜裕子さんは1999年にミツカングループに入社しています。
  • 中埜裕子さんは2016年からミツカンホールディングスの役員をしています。
  • 中埜裕子さんは2021年に同社の女性初の社長に就任します。