芸能人有名人

仲野大賀の父親中野英雄の現在は?母親や兄弟の職業は?

仲野大賀さんの父親は、中野英雄さんというのは有名な話ですが、仲野大賀さんの父親の中野英雄さんは現在何をしているの?と、疑問を感じられる方もいらっしゃいますよね。

かつて、ドラマ『愛という名のもとに』で、チョロ役として有名になった中野英雄さんは、現在何をしているのでしょうか。

そして、仲野大賀さんの母親は、芸能人なの?兄弟はいるの?と家族のことも調べてみました。

ちゅうこ
ちゅうこ
仲野大賀さんはお父さんそっくりだよね!いい役者さん!

仲野大賀の父親中野英雄の現在は?

仲野大賀さんの父親は俳優の中野英雄さん。
ドラマ「愛という名のもとに」や映画「アウトレイジ」シリーズで活躍。
ファッションブランドのプロデュースも手掛ける多彩な俳優。

仲野大賀さんの家族構成は、父親・母親・兄の四人家族です。

そして、父親はこれまでいろいろな映画やドラマで活躍している中野英雄さんです。

中野英雄さんといえば、往年の人気ドラマ「愛という名のもとに」(1992年フジテレビ)のチョロ役で有名ですよね。

このときは、勤めている会社で、上司からいじめ受け、ホステスに入れあげてしまい結果、自殺してしまうという男性の役でした。

ドラマと、このチョロというキャラクターが大いにウケて、中野英雄さんは一気に人気俳優となりました。

 

また、北野武監督の映画「アウトレイジ」シリーズでは、ヤクザ者の木村の役を演じ、存在感を示しています。

Vシネマなどでも、その風貌を生かして凄みのあるヤクザの役が多いですね。

Vシネマでの活躍から、的場浩司さん、山口祥行さん、本宮泰風さんの4人で「ネオVシネ四天王」と呼ばれたりすることもあるほどです。

 

2018年に公開された映画「ごっこ」では、一見コワモテのお父さんですが、実はやさしいというキャラも演じています。

キレキレのヤクザからちょっと抜けた役まで幅広く演じることができる実力派の役者さんです。

 

一方で、「THE MOBSTAR JAPAN」というキャップや洋服のブランドをプロデュースするということもされています。

顔に似合わずというと失礼ですが、とってもセンスのよいブランドです。

現在56歳の中野英雄さんですが、そんなハイエイジのちょい悪ファッションという感じのブランドになっています。

そんな中野英雄さんですが、SNSでは次男にあたる仲野大賀さんの出演作に関したコメントをアップしたり、間接的な応援メッセージを発信するなど、いいお父さんの一面も見せています。

仲野大賀の母親の職業は?

仲野大賀の母親は芸能事務所「バグジーヒーローズクラブ」の代表取締役社長。

仲野大賀さんの母親は、中野多加美さんというお名前です。

中野多加美さんは、芸能事務所「バグジーヒーローズクラブ」の代表取締役社長をされています。

この「バグジー」という芸能事務所はもともと、中野英雄さんの個人事務所として1993年3月に設立されました。

かつて、森高千里さんが所属されていて、彼女がブレイクしたことから、たくさんのタレントさんが所属するようになりました。

中野多加美さんは芸能事務所の社長さんとはいえ、一般の方ですので、顔写真や詳しいプロフィールは明らかではありません。

 

ただ、中野多加美さんは中学生のころから、中野英雄さんの憧れの先輩だったそうです。

中野英雄さんはずっと憧れてきた女性と結婚したということですね。

なんだか素敵ですね。

 

また、仲野大賀さんにとっても、すてきな女性であるようです。

仲野大賀さんは、かつてのインタビューで、母親の存在を「母は僕の根幹にある存在だし、揺るがない基準」と語っています。

また、甘えん坊で、超マザコンであるとも言っています。

もちろん、「ママ、ママ~」と甘えているということではないようですが、母親のことが大好きというのは間違いないようです。

教育については、放任主義だったそうで、母親から厳しく言われたという記憶はあまりないそうです。

どちらかというと仕事に生きる女性だったようで、さみしい思いもしたようですが、大きな反抗期もなく、ずっと仲良しだということです。

 

仲野大賀さんは現在28歳。

素敵な彼女ができてもおかしくない年齢ですが、母親似の女性を選ぶのでしょうか。

熱愛発覚のニュースが楽しみですね。

仲野大賀に兄弟はいる?

仲野大賀さんの兄は中野武尊さん。
かつて、一時期俳優として活動していたこともあるイケメンの兄。

仲野大賀さんの兄の名前は中野武尊(たける)さんというお名前です。

仲野大賀さんは、1993年2月7日生まれで28歳。

兄である中野武尊さんは、1987年8月17日生まれですので、5歳年上ということになります。

 

過去に、芸能事務所「ギャッツビーエンタテインメント」に所属していたことがあり、一時期俳優として活動していました。

中野武尊さんの俳優としての出演作は次のとおりです。

  • ドラマ「先生知らないの?」(1998年)
  • 映画「ベースボールキッズ」(2003年)
  • Vシネマ「実録・名古屋戦争統一への道1」(2003年)
  • Vシネマ「荒ぶる獅子」(2003年)

1998年のドラマ「先生知らないの?」では、主演の草彅剛さんと共演されています。
その時は、小学生の生徒役としての出演だったそうです。

また、Vシネマでは、父親である中野英雄さんとも共演されています。

ただし、今は芸能界からは引退されているようです。

 

兄弟で共演ということになれば、素敵だなと思いましたが、それはちょっと難しそうですね。

では、中野武尊さんは、今何をしているかというと、明らかにはなっていません。

 

2013年に中野英雄さんのInstagramの記事に登場したことがありました。

その時は、親子で琵琶湖を訪れたという記事でしたが、そのときの写真には、金髪姿の中野武尊さんが写っていました。

こんなところから見ると、普通の会社員ではなく、そういう意味で少し自由のきく職業に就いているのかなと想像できますね。

仲野大賀の幼少期エピソード

母親との関係は、あまり干渉しあわないものだということで、母親は今も仲野大賀さんの作品をほとんど見ないそうです。

これは、仲野大賀さんが幼い頃からずっと同じだそうで、母親から怒られたという記憶がほとんどないそうです。

あまりに放任主義すぎて、これではいけないと思った仲野大賀さんは、学校で一番厳しいバスケットボール部に自分から入部したそうです。

ここまでいくと、放任主義がかえって仲野大賀さんのことを厳しく育てることになったといえそうですね。

 

一方、父親である中野英雄さんとの関係はどうだったのでしょう。

中野英雄さん曰く、仲野大賀さんは正直者で親を困らせたことがなく、本当にいい子だったとのこと。

また、母親とは違って、息子の出演作品をばっちり見るそうです。

その上で、誰よりも仲野大賀さんのファンなのだとか。

 

中野英雄さんが仲野大賀さんの演技をしっかり初めて見たのは、映画「バッテリー」での演技だったそうです。

そのときは、物語の内容をほとんど覚えていないほど号泣したのだとか。

この後も、自分のSNSなどで、息子である仲野大賀さんのことを応援するコメントをアップしています。

自分と同じ職業に就いた息子を見る目は、やはり特別なものがあるのでしょうね。

 

仲野大賀さんの一番のファンは、父親である中野英雄さんなのかもしれませんね。

父親と母親と少しアプローチは違いますが、息子である仲野大賀さんのことを愛していることがよくわかりますね。

今後も、仲の良い親子関係が続き、仲野大賀さんがさらに活躍することを期待したいと思います。

まとめ

  • 仲野大賀の父親は俳優の中野英雄さん。
    中野英雄さんは、ドラマ「愛という名のもとに」や映画「アウトレイジ」シリーズなどで活躍。
  • 仲野大賀の母親は芸能事務所バクジーの代表取締役社長の中野多加美。
    仲野大賀は自身も認めるマザコンだとのこと。
  • 仲野大賀の兄は中野武尊。
    かつて俳優として、映画やドラマに出演したこともある。
  • 仲野大賀の母親は放任主義。
    そして父親は、仲野大賀の大ファン。