芸能人有名人

河野香夫人の学歴や経歴は?夫との馴れ初めや結婚秘話は?

2021自由民主党総裁選挙が、2021年9月17日に告示され、同月29日投開票が行われる予定です。

9月10日に、河野太郎行政改革担当大臣が、出馬を表明し、注目を集めています。河野大臣が総理大臣になった時に、ファースト・レディとなる河野香夫人が、どんな人なのか気になりますよね。

 河野香夫人は、幼少期にオーストラリアで過ごしています。小学5年生で転入した大田区の小学校を卒業してから、聖心女子学院の中等部・高等部・大学を経て、外資系の投資銀行に就職します。

社長秘書を務めるも、河野大臣と結婚し、それからは政治家の妻として、政務活動にもご活躍されています。

 次期総理大臣の期待が高い河野太郎行政改革担当大臣の奥さんの河野香夫人について、ご経歴・ご結婚の経緯・子供についてまとめましたので、チェックしていきましょう。

ちゅうこ
ちゅうこ
河野太郎行政改革担当大臣の妻、香夫人は美しい!!

河野香夫人の学歴

【河野香夫人の学歴】
  • オーストラリアの小学校
  • 東京都大田区立の小学校
  • 聖心女子学院中等科
  • 聖心女子学院高等科
  • 聖心女子学院大学

河野香夫人は、商社マンだった父親の都合で、幼少期をオーストラリアで過ごしています。

小学校5年性の時に日本に帰国、東京都大田区立の小学校に転入します。

英語は上手だけど、”筆記用具”何かわからないほど、日本語には苦労し、日本の学校にも馴染めない”落ちこぼれ“だったそうです。

小学生時代を過ごした大田区立の小学校が、どこか明らかにはなっていませんが、当時の河野香夫人の担任の先生だった向山洋一郎氏が赴任されていた「大森中学校」「調布大塚小学校」「雪谷小学校」のいずれかではないかと考えられます。

日本語に不安のあった香夫人でしたが、中学校3年生の時に書いた作文が「中学生文学賞」を受賞するほど、日本語のレベルを向上させており、難関校の聖心女子学院に合格するほどの学力を有しています。

努力家でありながら、才女であることがうかがえます。

中学受験で聖心女子学院に合格した後は、大学卒業まで通い続けています。

聖心女子学院は、美智子上皇后陛下をはじめ、麻生和子(吉田茂の娘・麻生太郎副総理・財務大臣の母)さんやレディー・ガガさん(歌手・マンハッタンの校舎)などを輩出するお嬢様学校として有名です。

河野香夫人の経歴は?

【河野香夫人の経歴】
  • 聖心女子学院大学を卒業後 外資系投資銀行に就職
  • 河野行改相と結婚

河野香夫人は、聖心女子学院大学卒業後に外資系の大手銀行に就職されました。

ネット上では”モルガン系銀行”と言われていますが、J Pモルガン・チェースなのかモルガン・スタンレーのどちらかなのかは情報がありません。

いずれにしても、外資系の投資銀行に入社されている輝かしい経歴をお持ちです。

加えて、社長秘書も勤められていたとのことです。

社長秘書のご経験を通じて得られた気遣いや心遣い、今の大臣夫人、もしくは将来のファーストレディとしての立ち振る舞いにつながっているのかもしれません。

また、幼少期のオーストラリアでの経験や外資系企業に勤務していた経験から、外国の文化に理解のある方のように見受けられます。

そんな香夫人のご経歴に、河野太郎大臣も気に入られたのかもしれません。

こうしたキャリアを経て、1993年に河野大臣(当時・日本端子の会社員)とご結婚されています。

河野香夫人の実家はお金持ち?

河野香夫人は旧姓・大河原と言い、群馬県の名家と噂されています。

群馬の大河原家は、安中藩から苗字帯刀を許された大河原屋と言う豪商があったことに由来するそうですが、噂は定かではありません。

一方、香夫人の父親が、商社マンであったことと、帰国後は大田区の学校に通ってから以来、ずっと東京にお住まいになっている状況を踏まえると群馬の名家とはあまり関係がないように思われます。

ただし、香夫人が精神女子学院に通っていることと、兄が慶應義塾に通っていることを踏まえると、お金持ちの家庭での育ちであることは疑いありませんね。

河野香夫人の夫との馴れ初めや結婚秘話は?

河野香夫人と河野太郎行改相との馴れ初めは、河野大臣と慶應義塾の同窓だった河野香夫人のお兄さんに会った際、同席していた河野香夫人を見たことがきっかけです。

河野香夫人に一目惚れした河野大臣による猛アタックだったそうです。

毎朝、香夫人が利用する駅の改札口で待ち伏せするというほどの執着ぶり。

当時は携帯もない時代。

かつお相手は、祖父の代から代議士を務める名門の河野家

二人の間に、どんなロマンスがあったかは分かりませんが、二人はめでたく1993年にゴールインします。

河野香夫人の評判は?

河野香夫人が講演会に登壇された折り、「美しい」、「知性の香り」、「奥ゆかしい」と評判です。

確かに、河野大臣と一緒に写っている写真の香夫人は凛とした立ち姿で、聡明そうなお顔立ちをされた美人です。

他にも、河野大臣が夫人を伴って参加されているイベントにも参加をしています。

河野大臣が外務大臣を務めていた2018年、ジャパン・ハウス・ロサンゼルスの全館会館記念イベントへの参加のほか、在ロサンゼルス総領事公邸にて、在米日系人リーダー参加者との懇談会、さらに駐日大使夫人を伴って、東京学芸大学の学内視察を行うなどのご活躍をされています。

英語圏での生活で身につけた語学力と外資系企業で、ご活躍された経験から、外務大臣夫人としてのご公務は、適役だったと言えるでしょう。

また選挙の時には、同僚議員の応援で地元にいない河野大臣の代わりに、香夫人が支援者への挨拶回りや講演会のご挨拶をされるなど、河野大臣を常に支えていらっしゃいます。

地元では有名人で出しゃばることもなく、腰が低く周りに接すると周囲の人たちから見られています。

河野大臣が、自民党総裁・第100代内閣総理大臣になった時、ファースト・レディとしての河野香夫人の活躍も期待せずにはいられませんね。

河野香夫人に子供は?

河野香夫人と河野行革大臣との間には、ご結婚から9年目の2002年に、ご長男の河野一平氏が生まれています。

慶應義塾湘南藤沢中等部・高等部に在籍しています。

家族で住んでいると思われる藤沢市から近い場所の学校に通われていたんですね。

ちなみに慶應義塾の湘南藤沢中等部・高等部は、県内でもトップクラスの成績優秀校です。

一平氏は現在19歳で、慶應義塾大学環境情報学部に通っています。

 

また、一平氏は、ベンチャー企業「Wista」のCOO(最高執行責任者:CEOの決めた方針に従って、業務を実行する役職)も務めているようです。

なお、Wista社は、YouTuberやTikTokerから動画を注文できるアプリを提供するビジネスを展開しています。

河野大臣は普段、一平氏のことを「ペシ坊」と呼ぶそうです。

理由は、一平氏がまだお腹の中にいる時に、ペシペシとよく中から叩いていたからペシ坊と呼ぶことにしたようです。

ちなみに、香夫人のことをカオチンと呼んでいいます。

ペシ坊もカオチンも、河野大臣のTwitterにも度々登場しています。

仲の良さそうなご家族ですね。

まとめ

  • 河野香夫人の学歴は聖心女子学院中等部・高等部・大学卒業
  • 河野香夫人の経歴は外資系の銀行に就職していた(モルガン系銀行)
  • 河野香夫人は会社員時代、社長秘書を務めていた
  • 河野香夫人の子供は、2002年に長男・一平氏を出産している
  • 河野香夫人は地元でも有名人で評判が良い