芸能人有名人

山井太/スノーピーク会長の経歴や学歴は?家族はどんな人?

スノーピークの山井太会長は、2020年3月に娘の梨沙氏に、代表取締役社長の座を譲り会長として、スノーピークを支える側になりましたが、そのあたりの考えや今までの経歴をチェックしていきましょう。

スノーピークの山井太会長は、現在のスノーピーク社長の山井梨沙氏の他に、3人の子どもと奥様の6人家族です。

他の子どもも事業を手伝っているのか調べてみました。

ちゅうこ
ちゅうこ
スノーピークの山井太会長のプロフィールと、このコロナ禍での緊急事態宣言で乗り切った経営方針が気になりますね。

山井太/スノーピーク社長の経歴は?

<山井太氏の経歴>

1982年 4月 リーベルマン・ウエルシェリー&Co.,SA 入社
1986年 7月 株式会社ヤマコウ(現:株式会社スノーピーク) 入社
1996年11月 株式会社ヤマコウの代表取締役社長に就任し、社名を現在の株式会社スノーピークに変更する。
2011年 4月 キャンプフィールドを併設した店舗・工場・オフィスが一体となったHeadquatrsへ本社及び工場を移転
2014年12月 株式会社スノーピークを東京証券取引所マザーズへ上場させる
2015年 1月 株式会社スノーピークを東京証券取引所第一部に市場変更させる
2020年 3月 株式会社スノーピーク代表取締役社長を娘の山井梨沙氏に譲り、代表取締役会長に就任

スノーピークの山井太会長は、ハイブランドを扱う外資系商社のリーベルマン・ウエルシェリー&Co.,SAで営業の仕事をしていました。

しかし、父親からの連絡を受けて、家業を手伝うことになります。

当時の株式会社ヤマコウは、釣り具や登山用品を製造する会社でした。

>山井太会長は、自分の好きなことを仕事にしたいと、キャンプ用品を扱う新規事業を立ち上げますが、品質にこだわりぬいた結果、値段が高くなってしまい、当初はあまり売れませんでした。

しかし、キャンプをアウトドアの新ジャンルとして、確立させたいという山井太会長の強い思いを込めた製品が、徐々に愛好家たちの心をつかみ始めます。

そして、2、3年後には、売上が大きく伸び、日本のアウトドアシーンにキャンプブームを呼び込むことに成功します。

1996年、代表取締役社長就任とともに、社名を株式会社スノーピークに改めます。

しかし、キャンプブームが去り、再び売上が下がっていきます。

そこで、愛用者の声を直接聞く機会を作る事にしました。

すると「値段が高い」「品切れが多すぎる」と、同社の商品や販売についての不満の声が、次々とあがっていることを知ります。

山井太会長は、自社製品を愛用しているユーザーのニーズに応えるため、問屋との取引をやめ、販売店を以前の四分の一に減らし、一店舗当たりの品ぞろえを充実させました。

流通コストを削減することで価格を下げることもできました。

ユーザーを第一に考え、高品質なキャンプ用品を、次々と作り出していく同社の売上は伸び続け、2014年に、東証マザーズに上場翌2015年には東証一部へ変更しています。

2021年3月の有価証券報告書をみると、設備投資なども積極的に行い、攻めの経営をしているようですが、財務面で安定しているので、経営はうまくいっているようです。

新市場区分のプライム市場への上場維持基準も満たしているようなので、娘の梨沙氏も優秀な方なんですね。

2020年12月期まで15期連続増収、4期連続増益と勢いに乗っている株式会社スノーピークですが、2020年3月山井太会長は、娘の梨沙氏に代表取締役社長の座を譲ります。

業績は好調なのに、なぜなのでしょうか。

実は、山井太会長は、代表取締役社長就任時に、60歳で社長職を退くと決めていたそうです。
山井太会長が代表取締役社長に就任したのは、36歳の時でした。

60歳まで社長職を務めあげられたのは、若くして社長に就任し、最初の数年でしっかり修業ができたからだと、自身の経歴を振り返っています。

これ以上、社長職にいても、エネルギーやクリエイティブな力が落ちていくでしょう。

企業には活力が必要です。

企業が成長するためには、エネルギーやクリエイティブな力が必要ですからね。と、自身が引退する理由を話していました。

業績が良ければ、もう一年、あと一年と引退時期を伸ばしてしまいそうなところですが、初志貫徹。

引き際が潔くて、とてもかっこいいですね。

しかし、無事に世代交代ができたと、安心したのも束の間、新型コロナの世界的大流行という未曽有の事態がおきます。

3月27日の株主総会で、社長交代した直後の4月7日、政府が緊急事態宣言を出しました。

非常事態ということで、山井太会長が指揮を執ることになりました。

山井太会長は、社内に向け非常事態宣言を出すとともに、非常事態対策本部を設け、本部長として陣頭指揮を執る体制を整えます。

会社を存続させ、社員を守ることが最優先事項だと考え、この厳しい局面でトップとして何をすべきか、どう動くかを熟考して方針を決めたそうです。

すぐに役員と執行役員を集め、「役員の報酬カットし、全社員の雇用を守るという」方針を提案し、合意を得ました。

その後、すぐに全社員に方針を伝え、「コロナ後は、スノーピークにとっての黄金時代になる。」というメッセージを添えて、社員たちを励ましました。

長年、代表取締役社長として、会社を率いてきた経験があるからこそ、迅速に対応できたのでしょうね。

山井太/スノーピーク社長の年収は?

株式会社スノーピークが、2021年3月に公表した有価証券報告書によると、山井太会長の年収は、1億円前後と推測されます。

しかし、日本の起業家・実業家まとめというサイトでは、山井太会長の年収は、6,000万円となっていました。

実際のところはわかりませんが、1億円未満なのでしょうか。

趣味を仕事にして、がんばってこられ、今は、会長という会社経営から離れた立場で、のんびりと趣味を楽しんでおられるのでしょうね。

山井太/スノーピーク社長の学歴は?

華麗な経歴と、父親から引き継いだ会社を一部上場企業にまで育て上げた山井太会長は、どんな学歴の持ち主なのでしょうか。
気になりますね。

出身大学

明治大学商学部を卒業されています。

明治大学は、東京都千代田区に本部を置く、私立大学です。

創立時からの伝統によって、確立された建学の精神「権利自由、独立自治」に基づき、自由と自治の精神を養うことを理念して、「知の創造と人材の育成を通じ、自由で平和、豊かな社会を実現する」ことを大学の使命としています。

また、国際社会を牽引する「世界に開かれた大学」を目指しているそうです。

出身高校は?

新潟県立三条高等学校を卒業されています。

三条市に所在する、男女共学の高等学校です。

教育目標に、「自主自律精神の涵養(かんよう)」と、「情操豊かな人間性と創造力の育成」を掲げています。

学校について調べてみると、自由な校風の高等学校を卒業されて、自由を理念に掲げる大学に進まれてますね。

幼いころから大自然の中で、キャンプを楽しんで来られた山井太会長は、型にはまるのが苦手なのかもしれませんね。

山井太/スノーピーク社長の年齢は?

1959年生まれの62歳新潟県出身です。

山井太会長の父親は、ロッククライマーであり式会社ヤマコウの創業者でもある幸雄氏です。

アウトドア用品に囲まれて育った山井太会長は、自分も大人になったら登山家になると思っていたそうです。

しかし、怖いもの知らずで、危ない遊びばかりする山本太会長は、父親に、「お前のような性格では山登りはさせられない!!」と早々に禁止されました。

その代わりに教えてくれたのがキャンプでした。

山井太/スノーピーク社長の家族はどんな人?

山井太会長は、1986年に地元の新潟県に戻られていますが、その頃にご結婚されています。

長女は、株式会社スノーピークの現在の代表取締役社長の梨沙氏、他に3人のお子さんがいます。

その中の1人、社長の6つ下の弟である山井隆介さんは、株式会社スノーピークの役員室未来創造チームで働いています。
武蔵野美術大学油絵学科の卒業とのことで、デザイン系のセンスがあるみたいですね。

↓社長はこちら!

まとめ

  • 山井太会長の学歴は、自由な校風の高等学校を卒業され、自由を理念として掲げる明治大学を卒業
  • 山井太会長は、大学卒業後外資系の商社に就職しましたが、株式会社ヤマコウ(現:株式会社スノーピーク)の創業者である父親から連絡があり同社に入社
  • 山井太会長は、自分の好きなことを仕事にしたいと考え、キャンプ用品の新規事業を立ち上げた
  • 山井太会長は、高品質の製品を世に出すことにこだわっている
  • 山井太会長は、代表取締役社長就任時に、60歳で引退すると決めていた