芸能人有名人

二宮涼太郎/オーケー株式会社社長の経歴や学歴は?家族はどんな人?

オーケー株式会社社長 二宮涼太郎氏。

二宮涼太郎氏の経歴は、大学卒業後三菱商事にて、経営戦略部隊で約20年ほど、勤務し退職後、オーケー株式会社の社長として就任しました。

二宮涼太郎氏の今までの経歴や思想などを含め、チェックしていきましょう。

ちゅうこ
ちゅうこ
オーケー株式会社社長二宮涼太郎氏が、どのようにして、売上を伸ばしたのか、気になりますね。

二宮涼太郎/オーケー株式会社社長の経歴は?

<二宮涼太郎氏の経歴>

1997年 4月 三菱商事株式会社 入社
2008年11月 Mitsubishi Cement Corporation/MCC Development(米国) 出向
2013年 4月 三菱商事株式会社 リスクマネジメント部 配属
2015年 6月 オーケー株式会社 出向、経営企画室長 就任
2016年 1月 オーケー株式会社 執行役員30%成長戦略室長 兼 店舗開発本部長 就任
2016年 5月 三菱商事株式会社 退社
2016年 6月 オーケー株式会社 代表取締役社長 就任

1997年に三菱商事株式会社に入社した二宮涼太郎社長が担当したのは、三菱商事が所有するオーストラリアの鉱山で採掘されるシリカサンドを、日本やアジア諸国のガラスメーカーに販売する業務でした。

そのため、アジアでの仕事が多く、コミュニケーションの面で壁を感じることがありました。

お客様ともっと良好な信頼関係を築きたいと、中国語や韓国語など様々な語学の勉強を始めます。

語学の勉強を続けているうちに中国で仕事がしたいと思うようになります。

そこで、中国赴任の可能性が高いセメントや生コンクリートを扱う部署に異動を志願しましたが、中国赴任は叶わず、代わりに、2008年アメリカのラスベガスに赴任することになります。

赴任したのは、リーマン・ショック直後で、不動産バブルが崩壊したラスベガスでした。

建設業と関わりの深いセメントや生コンクリートの事業だったので、最初の1、2年は、かなり苦労をしたそうです。

3年半ほどで日本に帰国すると、投融資案件の審査などを行うリスクマネジメント部に配属になります。

そして、小売部門へ異動されています。異動後すぐ、オーケー株式会社に出向する事になります。

小売業の現場に魅力を感じ、成長戦略の策定や新店舗の開発など、次々と手掛けていきます。

そして、出向から1年ほど経った頃、創業者で会長の飯田勧氏に呼び出され、社長就任を打診されます。

2016年三菱商事株式会社を退職し、オーケー株式会社に入社して、代表取締役社長に就任します。

就任後、経営目標を見直します。

少子化などの社会的な問題もあり、それまで掲げていた30%成長をやめ新たな経営目標を「借入なしで年率20%の達成」としました。

経営方針は、先代からのこだわりを引き継ぎ高品質・Everyday Low Price 」としました。

高品質・エブリデイロープライスを実現するには、取引先の問屋やメーカーなどとの信頼関係づくりが大切です。

また、自社だけが潤うような形では長続きしません。

サプライチェーン全体でメリットを共有できる仕組み作りをして、低価格が実現できるよう工夫しているそうです。

商品ごとにメーカーを絞って、大量に仕入れることで、仕入れ価格を下げる方法をとっています。

低価格が実現できる仕組みは、他にもあるようです。

青果の仕入れ、物流、新店舗出店に必要な不動産関係は、全てオーケー株式会社の子会社が行っています。

外注する分野が少ないことも要因だと思われます。

二宮涼太郎/オーケー株式会社社長の年収は?

2021年3月期(第54期)の同社の有価証券報告書から推測すると、二宮涼太郎社長の年収は、4,000万円以上と予想できます。

同社は2010年からの10年間で売上が倍増したそうです。

少しずつ売上を伸ばし、順調に成長していたようですね。

 

2015年から二宮涼太郎社長が、同社に出向し、経営に関わり始め、2016年に、代表取締役社長に就任しています。

ここで、もう一度有価証券報告書を見てみると、2017年3月期(第50期)から5年間で経常利益が2倍になっています。

純利益は、なんと2倍以上に伸びています。

これは、二宮涼太郎社長の経営手腕によるものが大きいと考えられます。

これを踏まえて考えると、二宮涼太郎社長の年収はもう少し多いかもしれませんね。

<オーケー株式会社の年代別平均年収>

子会社を含めた従業員数:11,945人
平均年齢:46.1歳
平均勤続年数:4.8年
平均年収:325.8万円
(2021年3月20日現在 引用元:2021年3月期 オーケー株式会社有価証券報告書)

年に新店開店10店舗を目標に掲げるオーケー株式会社にとって大切なのは、優秀な人材の育成と確保です。

同社は、積極的な中途採用、若手社員の登用や成果を上げる社員には、賞与に加えて特別賞与を出す制度まであるようです。

研修などのキャリアアップできる体制も整っています。

二宮涼太郎/オーケー株式会社社長の学歴は?

語学堪能で、経営戦略のプロフェッショナルの二宮涼太郎社長は、どのような学生時代をおくってきたのでしょうか。

出身大学

東京大学文学部を卒業されています。

これだけの経営手腕をお持ちなので、経営学部出身かと思ってましたが、意外にも文学部を卒業されたのですね。

語学に興味を持たれた原因が、分かったような気がします。

では、経営に関するノウハウは大学卒業後に、修得されていったのですね。

三菱商事株式会社時代に、かなり努力をされたのでしょう。

出身高校は?

神奈川県立平塚江南高等学校を卒業されています。

卒業生には、大企業の社長や議員、アナウンサーなど様々な分野で活躍されている方々がいらっしゃいます。

神奈川県でも有数の難関校です。

2021年の偏差値は、67で、神奈川県内で19位/337校中、神奈川県内の公立高校では10位/201校中と、かなりハイレベルな高校ですね。
(引用元:みんなの高校情報)

二宮涼太郎オーケー株式会社社長の思想や座右の銘は?

お客様や取引先など、事業に関わる全ての人達とのより良い関係づくりを大切に。

二宮涼太郎社長は、三菱商事株式会社時代から、取引先のお客様との関係を深めようと、様々な語学の勉強をされました。

言葉が通じるようになると、関係性が良くなり、仕事も円滑に進むようになり、楽しくなっていきました。

オーケー株式会社の代表取締役社長になってからも、自社だけが、儲かるような仕組みにするのではなく、問屋や取引先も一緒に潤う仕組みになるよう考えています。

もちろん、お客様にも高品質なのに、低価格な商品を提供できるよう日々努力されています。

今後の事業の展開として、1都3県で毎年10店の出店、高齢者やコロナで外出を控えているお客様へのネット宅配事業、病院で処方された薬をオーケーで、受け取れるよう、調剤薬局事業を開始すると宣言しています。

経営目標の「借入なしで年率20%成長の達成」をするために、既存店を伸ばし、新店を積極的に出店してくようです。

単品の売上が伸びると、コストが下がり売価の引き下げにも繋がり、お客様により満足していただくため、謙虚に、誠実に、勤勉にを心掛けて経営していくと語っています。

二宮涼太郎/オーケー株式会社社長の自宅は?

自宅に関する情報も公開されていません。

2016年に本社を横浜市西区みなとみらいに移転しているので、通勤しやすい横浜市に住んでらっしゃるのでしょうか。

気になりますね。

二宮涼太郎/オーケー株式会社社長の家族はどんな人?

二宮涼太郎社長は、1974年1月生まれの47歳で、神奈川県出身です。

ご家族に関する情報は公開されていません。

しかし、日刊ゲンダイのインタビューで、三菱商事株式会社時代の経験を話されているときに、子供さんの英語教育の事について話していました。

この記事から三菱商事株式会社で、米国に出向になった2008年にはお子さんがいたようです。

ということは、この時には結婚されていて奥さんと子供さんを連れ、米国へ渡られたようですね。

まとめ

  • 二宮涼太郎社長の学歴は、東京大学文学部を卒業
  • 二宮涼太郎社長の経歴は、三菱商事株式会社時代に様々な語学を修得
  • 二宮涼太郎社長は、オーケー株式会社へ入社後1年で代表取締役社長に就任
  • 二宮涼太郎社長は、高品質・エブリデイロープライスというオーケー株式会社の経営方針を貫くため日々努力をしています。
  • 二宮涼太郎社長は、優秀な人材の育成にも力を入れています。