芸能人有名人

高橋翔経歴や評判は?家族はどんな人?

福島市長選挙が11月14日に告示され、11月21日に投開票が行われます。

立候補者は、新人の高橋翔氏と無所属で現職の木幡浩氏との2人です。

高橋翔氏は、1988年2月17日、東京都日野市出身の33歳です。

現在、福島県郡山市に住んでおり、IT関連と宇宙関連の会社を2社経営しています。

今回の福島市長選では、告示1日前に出馬を決めました。

そんな高橋翔氏の経歴や学歴、評判をチェックしていきましょう。

2021年11月22日追記

福島市長選挙得票数
  • 木幡浩(無所属)7万2018票 当選
  • 高橋翔(無所属)7364票
ちゅうこ
ちゅうこ
高橋翔氏は残念ながら落選となりました。

高橋翔の経歴は?

【高橋翔の経歴】

2002年 東京都立多摩工業高等学校(電気科) 卒業
2012年 株式会社アルストロメリア 創業
2018年 福島知事選挙 落選
2019年 郡山市議会議員選挙 落選
2019年 福杣議会議員選挙 落選
2020年 葛尾村長選挙 落選
2020年 国見町長選挙 落選
2020年 株式会社ユーチャリス 設立

高橋翔氏は、高校生まで東京で過ごし、現在は福島へ移住しています。

最初に起業した「株式会社アルストロメリア」では、自身の移住経験を活かした地方移住サービスをはじめとして、デジタル技術やコンテンツ、コンサルティングサービス等幅広く手掛けています。

「株式会社ユーチャリス」は、宇宙太陽光発電のベンチャーです。設立した2020年を、「宇宙世紀元年」と銘打っています。

高橋翔氏のユーモアなキャラクターと、宇宙への強い関心を感じられますね。

また、高橋翔氏は、これまで何度も選挙に出馬した経験があります。

2021年4月18日に行われた郡山市長選では、立候補しようとしたものの最終的には出馬を辞め、他の候補者の支持にまわったこともあります。

残念ながら、これまで当選経験はありませんが、選挙へ挑戦しようという意欲、諦めないで突き進むパワーがありますね。

高橋翔の学歴

【高橋翔の学歴】

2002年 東京都立多摩工業高等学校(電気科) 卒業

高橋翔氏は、工業高校の電気科を卒業しています。

現在の会社も、高校時代に学んだ電気の知識を活かしているのかもしれませんね。

工業高校ということで、卒業後に就職する人が多く、高橋氏も会社員となっています。

会社員生活を経て起業し、現在に至ります。

高校の卒業生には、怪談でおなじみの稲川淳二さんがいます。

高橋翔の政策や公約は?

【高橋翔の政策・公約】

  • 新型コロナウイルスの影響を受けた困窮者への現金給付
  • 新型コロナウイルスの影響を受けた事業者支援
  • 子育て・次世代支援
  • デジタル技術の活用推進
  • 災害対策
  • 行政サービスの向上
  • 市役所職員の職場環境改善

高橋翔の評判は?

もし現職市長が無投票当選したら、どのくらいの数の有権者が現市長を信任しているのかがわからなくなります。つまり、高橋翔氏に入れることで現職の不信任と見れば、選挙は無意味ではないかと。権力に対する審査ですね。
高橋翔氏、色んな選挙に出てるけど毎回落ちてるし、金持ちのお遊びでやってる感凄いし、そんなに人の役に立ちたいならその莫大な財力を使って慈善事業した方が良いのではとすら思う。

一時は、32年ぶりの無投票選挙実施が濃厚となりましたが、高橋氏の出馬によって、民主主義的な選挙の実施になったと見る人もいるようです。

高橋翔が当選する確率は?

高橋氏にとっては難しい選挙となるかもしれません。

現職でライバルの木幡浩氏は、現在1期目が終わったばかりですが、長年の官庁勤めの経験もあり、行政を熟知して入りでしょう。

高橋氏の若い力と柔軟さで、福島市に新しい風を吹かせてほしいですね。

高橋翔の家族はどんな人?

高橋翔氏の家族は、妻、長男、長女、次女の4人です。

自身のツイッターアカウントでは、「1殿2姫のネオダディ33歳」と自称されています。

確かに、宇宙分野の起業をされたり、選挙に何度もチャレンジしたり、今までの父親像を覆す方ですよね。

まとめ

  • 高橋翔氏の年齢は、 1988年2月17日生まれの33歳で、東京都日野市出身です。
  • 高橋翔氏の学歴は、東京都立多摩工業高等学校(電気科)を卒業しています。
  • 高橋翔氏の経歴は、会社員生活、福島への移住を経て、IT関連と宇宙関連の会社を2社起業しています。
  • 高橋翔氏の家族構成は、妻、長男、長女、次女の4人です。