芸能人有名人

小澤隆生/Zホールディングス株式会社社長の経歴や学歴は?家族はどんな人?

Zホールディングス株式会社は、2022年1月31日、4月1日から新経営執行体制へ移行することと、代表取締役社長の異動(内定)を決定したと発表しました。

新しく生まれ変わる Zホールディングス株式会社のトップに立つことになった小澤隆生社長の経歴を見ていきましょう。

ちゅうこ
ちゅうこ
ここで分かることはこれだよ!
  • Zホールディングス株式会社の社長に就任した小澤隆生社長の経歴
  • 小澤隆生社長の学歴
  • 小澤隆生社長の思考や座右の銘
  • 小澤隆生社長の家族
ちゅうこ
ちゅうこ
小澤隆生社長って、すごい魅力的な人★

小澤隆生/Zホールディングス株式会社社長の経歴は?

<小澤隆生氏の経歴>

1995年 4月 株式会社CSK(現:SCSK株式会社) 入社
1999年 8月 株式会社ビズシーク 設立 同社代表取締役 就任
2003年 3月 楽天株式会社 入社  同社オークション事業担当執行役員 就任
2005年 1月 株式会社楽天野球団取締役事業本部長 就任
2012年 9月 ヤフー株式会社(現:Zホールディングス株式会社) 入社
2012年10月 YJキャピタル株式会社(現:Z Venture Capital株式会社)取締役COO 就任
2013年 7月 Zホールディングス株式会社 執行役員ショッピングカンパニー長 就任
2013年 8月 アスクル株式会社 社外取締役 就任
2014年 4月 YJキャピタル株式会社(現:Z Venture Capital株式会社)代表取締役 就任
2015年 1月 同社取締役 就任
2015年 9月 株式会社ユーザーローカル 社外取締役 就任
2016年 3月 バリューコマース株式会社 取締役 就任
2018年 4月 Zホールディングス株式会社 常務執行役員コマースカンパニー長 就任
2018年 6月 PayPay株式会社 取締役 就任
2018年10月 株式会社一休 取締役会長 就任
2019年 6月 Zホールディングス株式会社 取締役 専務執行役員 就任
2019年10月 ヤフー株式会社  取締役 専務執行役員COO(最高執行責任者) 就任
2020年 6月 株式会社 ZOZO 取締役 就任

家業の後継ぎとして、何をすべきか悩みつつ、小澤隆生社長は、IT企業に就職します。

この時、ITの無限の可能性を感じ、ウェブサイトの企画運営やシステム開発等を行う株式会社ビズシークを設立

会社が軌道に乗った頃、楽天株式会社に売却します。

売却にあたって、何度も楽天株式会社の経営陣に会ううちに、小澤隆生社長の才能を買われ、同社からスカウトを受け、入社することになります。

入社後すぐに、役職を与えられ、仕事に励みます。

この時得た資金で、他社の手に渡った父親の会社を買い戻し、両親に返したそうです。

これで、息子としての務めは果たせたと、安心したと話していました。

その後、プロ野球の立ち上げに携わります。

後のインタビューで、小澤隆生社長は、とてもおもしろい経験だったと語っていました。

2012年、ヤフー株式会社(現:Zホールディングス株式会社)に入社します。

入社後は、グループ子会社の要職を歴任していきます。

業績不振な部署を、どのように利益が出せるようにするかは、経営陣が集まって知恵を出し合うそうです。

しかし、方法としては、3択で、M&Aで同業他社を買うか、撤退するか、グループ内の会社と統合するか。1番効果的で、費用がかからない方法を探すそうです。

2022年2月2日の日本経済新聞の記事によると、1日、ヤフー株式会社は、4月6日以降英国と欧州経済地域での大半のサービスの提供を中止すると発表しました。

サービス中止の詳細な理由は明言していませんが、EUは2018年に世界で最も厳しいとされる一般情報保護規制を施行し、違反した場合、制裁金が科されるようになったのが、主な原因と考えられています。

1月に米グーグルと、米メタ(旧フェイスブック)が、フランス政府から約270億円の制裁金を科されたことが、今回の判断のきっかけではないかと、世界のデータ法制に詳しい弁護士が指摘しています。

ヤフーの欧州でのシェアは低く、法令順守の費用を考えると撤退しても、影響は限定的との判断もあったようです。

今後も、世界の情勢を見て的確に、しかも迅速に判断を下して、事業を継続させていかなければなりません。

小澤隆生/Zホールディングス株式会社社長の年収は?

2021年7月、週刊ポストが発表した「年収「億超え」サラリーマン 上位200人」に、131位でランクインしています。

年収は、1億7,000万円と記載がありました。

<Zホールディングス株式会社の年商>

2021年3月期 1兆2,058億46百万円(連結)

2021年3月期 144億43百万円(単体)

(引用元:Zホールディングス株式会社有価証券報告書

1996年に、米国Yahoo!Inc.とソフトバンクの共同出資で、日本法人ヤフージャパン株式会社を設立し、急速にインターネットを普及させました。

現在は、Zホールディングス株式会社の傘下に入っています。

Zホールディングス株式会社は、グループ企業の経営管理をしています。

2019年にソフトバンクグループが事実上親会社となりました。

Zホールディングス株式会社は、M&Aや新サービス開始を繰り返し、メディア事業、コマース事業などを中心に約200を超える様々なサービスを、200を超える国・地域に提供しています。

連結決算で見ると、売上高は順調に伸びていますが、利益自体は伸びていません。

インターネット事業は、トレンドや新規参入など進歩が早く、より素早い判断が必要な業種でもあります。

今後も、組織の編成や参入する業種、M&Aなど大きな決断を素早くしていく必要がありそうです。

同社は、中長期の目標として「2023年度に売上収益2兆円、調整後EBITDA(イービットディーエー) 3,900億円の達成」を掲げています。

EBITDAとは、税引き前利益に支払利息、減価償却費を加えて出される利益のことです。

同社のように世界で事業をしている会社では、国によって異なる金利水準、税率、減価償却方法などを調整することで、国外の利益と国内の利益の差を小さくすることができ、より正確な数値を出すことができます。

情報と人をつなぐ(Yahoo! JAPAN)」「人と人をつなぐ(LINE)」「人と決済をつなぐ(PayPay)」という“3つの起点”を活かし、ユーザーに最適なサービスを提供することで、競合他社との差別化を図っていこうと考えています。

そのために、必要不可欠な技術や人材の強化に戦略投資し、エンジニアを中心とした人材採用の強化や広告プラットフォームの統合新サービスの開発・顧客基盤の拡大などを加速させることで、独自の価値・サービスを提供し、さらなる事業成長を目指しています。

小澤隆生/Zホールディングス株式会社社長の学歴は?

裕福な家庭の跡取り息子として育ってきた小澤隆生社長の学生時代を見てみましょう。

出身大学

早稲田大学法学部を卒業しています。

バブルが崩壊し、小澤隆生社長が大学2年生の時に、父親から会社の経営が悪化し、借金が60億円あることを告げられます。

大学時代の後半は、60億円もの巨額な借金を、どのように返済しようか考えていたそうですが、大学時代にはどうしようもできなかったそうです。

波乱万丈な大学時代ですね。

出身高校は?

非公開のようです。

小澤隆生Zホールディングス株式会社社長の思想や座右の銘は?

  • 人間ってのは怠惰な生き物で、ものすごく高い志がある人は、頑張れるけど、そうじゃない人ってのは何かのきっかけが必要です。
  • 「問いを立てる力」とは、「仮説づくり」だと思っている。

新しい領域の事業に進出する時、またはうまくいってない事業をを立て直さないといけない時にどうするか。

そういう時は、うまくいっている会社を世界中から5社ぐらい、調べていくと、ダメな理由が見えてくる。

小澤隆生/Zホールディングス株式会社社長の家族はどんな人?

1972年2月29日生まれ今年50歳で、千葉県出身です。

実家は、事業をしていて裕福な家庭に育ちました。後継ぎ息子として、大切に育てられたようです。

小澤隆生社長は、結婚しています。

子供さんの人数に関する情報はありませんが、息子さんの存在は明かしています。

小澤隆生社長は、息子さんが小学5年生の時に、「日本の中学を受験するか、スイスに留学するか決めておきなさい。」と、息子さん本人の意思で選択させたそうです。

息子さんは、スイス留学を選び海外で教育を受けてきました。

小澤隆生社長は、息子さんには世界で活躍できる人になれるように、最高の環境を与えてやりたかったと話していました。

その後、アメリカに単身留学し、ボーディングスクール(次世代のリーダーとなる人材を育てる教育機関)に進学しています。

息子さんは、世界で通用する人材になれそうですね。

こちらもチェック!