芸能人有名人

長谷川敦/レゴジャパン社長の経歴や学歴は?家族はどんな人?

レゴジャパン社長の長谷川敦氏。

レゴジャパンに入社するまでに様々なご経験をされている長谷川敦社長の経歴を紹介します。

ちゅうこ
ちゅうこ
ここで分かることはこれだよ!
  • レゴジャパンの長谷川敦社長の経歴
  • レゴジャパンの長谷川敦社長の学歴
  • レゴジャパンの長谷川敦社長の年収
  • レゴジャパンの長谷川敦社長の考え方や家族
ちゅうこ
ちゅうこ
久しぶりにレゴやりたいな!

長谷川敦/レゴジャパン社長の経歴は?

<長谷川敦氏の経歴>

大学卒業後、大手総合商社に入社
2014年:レゴジャパンのマーケティング担当ディレクターに就任
2018年:レゴアジアパシフィック地区のゼネラルマネージャーに就任
2020年3月:レゴジャパン株式会社の代表取締役社長に就任

レゴジャパンの長谷川敦社長は1975年生まれ。

出身地は愛知県です。

大学卒業後は大手総合商社に入社。

その後はコンサルティング業界に進出。

さらにその後は、P&G、Phillipsなどの大手FMCGでマーケティングやビジネスマネジメントの責任者を歴任しています。

また外資系ベンチャー企業の日本カントリーマネージャーを経て2014年にレゴジャパンのマーケティング担当ディレクターに就任しています。

2018年からはレゴシンガポールに赴任して、レゴアジアパシフィック地区のゼネラルマネージャーに就任。

そして、2020年3月にレゴジャパン株式会社の代表取締役社長に就任しています。

実は、長谷川敦社長は父親の仕事の都合で小学生のころ2、3年間だけですが、ドイツのデュッセルドルフで現地の日本人学校に通っていました。

日本に帰国してからは小学校、中学校、高校、大学とずっと日本で暮らしておられます。

大学卒業後は、あまり多くのことは考えずに総合商社に就職した長谷川敦社長。

2年間の総合商社生活の後、コンサルティングの業界で4年間転職を続けました。

ところが周りにいる人たちがあまりに優秀なためとてもかなわないと思ったといいます。

マーケッターとして、P&Gに入社したものの、どんな会社であるかよくわからずに入ったということで、メールも会議も英語でやりとりされていて、ほとんど何を言っているのかわからないという日々が続いたそうです。

なんでもこのころはメールを1通書くのに1時間以上もかかっていたとのこと。小学生のころ、ドイツにいたという経歴も、ここでは役に立たなかったようですね。

P&Gを退職した後はフィリップスのマーケティングディレクターからゼネラルマネジャーを経てアメリカのスタートアップの日本法人代表を務めています。

2014年にレゴに入社後は東南アジアと南アジアのビジネスを統括するゼネラルマネジャーを務め2020年3月にレゴジャパン株式会社代表取締役社長に就任することとなります。

長谷川敦/レゴジャパン社長の年収は?

<レゴジャパンの年商>
レゴグループで7000億円ほどの年商。

<長谷川敦社長の年収>
長谷川敦社長の年収は1200万円~1500万円と推定。

レゴグループといえば世界のおもちゃ市場でシェア率がもっとも高い会社で、そのシェア率は7%を占めているといわれています。

おもちゃ業界全体の市場規模は10兆円ほどですので、レゴグループだけで7000億円の売り上げを出しているということになりますね。

では、レゴの日本支部の社員の平均年収はどれくらいなのでしょうか。調べてみたところ、885万円ほどということがわかりました。また、役員クラスとなると1200万円以上とされています。

ですので、社長である長谷川敦社長の年収は1200万円~1500万円程度なのではないかと予想されます。

この年収は、日本の有名企業の中でもトップクラスの高さといえると思います。

やはり、レゴ自体の業績が好調であるということと、レゴが外国資本で収益の社員への還元率の考え方が日本の企業とは少し違うということが影響しているものと思われます。

さすが世界1位のおもちゃメーカーですね。働く人にも優しく夢のある会社といえそうです。

長谷川敦/レゴジャパン社長の学歴は?

レゴジャパンの長谷川敦社長の学歴をチェックしていきましょう!

出身大学

長谷川敦社長の出身大学は一橋大学です。

一橋大学の商学部を卒業しています。

 

出身高校は?

長谷川敦さんの出身高校について調べてみましたが、はっきりとしたことはわかりませんでした。

長谷川敦さんの出身は愛知県ですので、愛知県内でも有名校である

  • 東海高校
  • 岡崎高校
  • 旭丘高校

あたりの出身なのではないかと予想します。

長谷川敦/レゴジャパン社長の思想や座右の銘は?

「本気で遊ぶ」ということが長谷川敦社長のモットー

レゴといえばもちろん、子どもの創造力をかきたてるおもちゃとして大人気のアイテムです。

ただ、レゴの次の戦略として「大人も楽しめるレゴ」というコンセプトがあります。

コロナの影響で自宅で過ごす時間が増えたということもあり、自宅で没頭できる趣味として大人にもレゴを楽しんでもらおうというわけです。

「大人のレゴ」というコンセプトを打ち出したことについて長谷川敦社長は次のように語っています。

「現代人は本当に多忙な時間を過ごしています。特に近年、ワークライフバランスをどう取るかという問題意識の高まりとともに、日頃のストレスから解放されてリラックスできる自分の時間を確保したいというニーズが非常に強くなっているのを感じます。」

デンマークにあるレゴの本社が行った調査でも、成人男性の73%が「リラックスするための新しい方法を探している」という回答結果が出ました。

その方法の1つとしてレゴに没頭することを提案したいという思いから、「大人向け」という考えに至りました。

子どものころレゴで遊んだという方も多いはずです。

ストレス発散のために無心でレゴに取り組むというのは、発想としてはとても面白い考え方ですね。

さらに長谷川敦社長は、こうも語っています。

「レゴで遊んでいただくなかで、私たちが大切にしている瞬間があります。それは、「Joy of building(創ることの楽しさ)、Pride of Creation(創ることの誇り)」の2つです。」

「「Joy of building」というのは、まさにモデルをつくることに没入する快感のこと。そして、「Pride of Creation」は、つくったこと、さらに出来上がった作品に対して、思わず誰かに「ねえ、見て見て!」と自慢したくなるような誇りに思う気持ちのことです。」

長谷川敦さんは、大人の中にも子どもの部分があり、それを解き放つことで喜びを感じられると考えています。

大人も楽しめるレゴということで、子ども向けのものにはない細部へのこだわりや実物を忠実に再現したものが発売されているとのこと。

ちなみにこちらが、「大人のレゴ」として発売されている商品です。

確かに、細かい部分にまでこだわって作られていることがよくわかりますね。また、これが自分で作れると思うとワクワクします。

長谷川敦/レゴジャパン社長の家族はどんな人?

なかなかのイケメンで知られる長谷川敦社長。

現在46歳という年齢を考えてもすでに結婚されている可能性が高いですが、そのあたりのはっきりとした情報をつかむことはできませんでした。

イケメンで高収入ということですから、超美人な奥様がいてもまったく不思議ではありませんね。

↓カンブリア宮殿に出演

まとめ

  • 長谷川敦の出身大学は一橋大学(商学部)
    大学卒業後はコンサルティングの仕事に従事。
  • 長谷川敦は2014年にレゴに入社
    2020年3月からレゴジャパン株式会社の代表取締役社長として活躍。
  • 長谷川敦の年収は1200万円~1500万円(推定)
  • 長谷川敦の打ち出すレゴのコンセプトは「大人のレゴ」
    大人の中にある子どもを解放して、没入感や完成したときの達成感を感じてもらうという考え。