芸能人有名人

加藤勝信の経歴や学歴は?家族や評判が気になる!

2020年9月16日新たに発足した菅義偉(すがよしひで)内閣ですが、複数の候補がいた中で選ばれた加藤勝信官房長官。

加藤勝信官房長官がこれまでどのような経歴で、現在のポストに就いたのか。

また、厚生労働大臣の時代には、対応の遅さや不手際から様々な批判が飛び交う中での官房長官就任に対し、様々な思惑が見え隠れしています。

今回は優秀と言われる加藤勝信官房長官の学歴や経歴、そして評判や家族構成など詳しく調べてみたので、ご紹介したいと思います。

ちゅうこ
ちゅうこ
菅元官房長官と比較されてしまいそうだけど、加藤官房長官期待してます!

加藤勝信の経歴は?


加藤勝信(かとう かつのぶ)官房長官は、1955年11月22日生まれで現在64歳の、日本の政治家です。

東京都出身で、旧大蔵省の官僚を経て衆議院議員を6期務めています。

今回の菅義偉内閣で第82代官房長官に就任しました。

農水省に出向し大臣秘書官を務めていた時に、当時の農水大臣であった加藤六月氏の娘婿となり、加藤性に改姓しました。

加藤勝信官房長官の旧姓は室崎(むろさき)で、父親の室崎勝聰氏は日野自動車工業の元取締役副社長でした。

生家は杉並区阿佐ヶ谷で、子供のころの夢は国連事務総長だと作文に書いたり、小学生時代から選挙速報を見るのが好きだったようで、幼い頃から政治に興味を持っている少年時代でした。

政治に興味を持った理由の一つとしては、祖父である室崎勝造氏が島根県議会議長をしていたこともあり、子供の頃に直接関わりがあったわけではないのですが、家の環境が政治とは無関係ではなかったことが挙げられるのではないかと思います。

加藤勝信官房長官は、東京大学経済学部を卒業し、現役で旧大蔵省に入省しました。

その後、倉吉税務署長倉吉税務署署長内閣官房副長官(政務)秘書官主計局主査(労働予算担当)主計局主査(防衛予算担当)農林水産大臣秘書官等を歴任し、大蔵官房企画官を最後に退省しています。

農水大臣秘書官を務めていた頃、当時農水大臣であった加藤六月氏の目に留まり娘婿として結婚をして、加藤に改姓されています。

退省後は岳父である衆議院議員・加藤六月秘書として政界入りを目指していました。

平成10年7月に参議院議員選挙立候補に無所属で出馬するも落選し、その後も数度の落選を繰り返しています。

平成15年11月の衆議院議員の中国比例ブロックで、重複立候補ではなく単独名簿記載で初当選しています。

その後6回の衆議院選挙で当選を繰り返し、その間に特命担当大臣(一億総活躍担当など)、厚生労働大臣を経て、菅義偉内閣では第82代官房長官に就任しています。

加藤勝信の学歴は?

加藤勝信官房長官は、難関と言われる東京学芸大学附属小金井中学校、都立大泉高等学校、東大経済学部を卒業し、超優秀と言われています。

出身中学高校

加藤勝信官房長官は1968年4月に東京学芸大学附属小金井中学校へ入学し、1971年3月に卒業しています。

偏差値が56と難関中学です。

朝日新聞デジタルの関連サイト『論座』で「東京学芸大附属小学校・中学校に進んだ」と掲載されています。

高校は1971年4月に東京都立大泉高等学校へ入学し、1974年3月に卒業しました。

こちらも難関で偏差値は65以上と都内でも非常に高く、この頃から優秀であったことが伺えます。

元衆議院議員で建設大臣を務めた強面の亀井静香さんや、ジャーナリストの池上彰さん、フリーアナウンサーの宇賀なつみさん等が卒業生として名を連ね、多くの著名人を輩出している学校のようです。

出身大学

1974年または1975年4月に東京大学へ入学し、1979年3月に経済学部を卒業しています。

1955年11月22日生まれなので、現役であれば1978年に東京大学を卒業することになります。

情報がないので定かではありませんが、卒業年から逆算すると、1年浪人したあるいは1年留年したことになります。

加藤勝信の派閥は?

自民党には9つの派閥がありますが、加藤勝信官房長官が所属しているのは竹下派です。

竹下派は所属している人数は現在54人で、自民党内でも3番目に多い所属議員数を誇っています。

竹下派の会長は竹下亘衆議院議員で、竹下登元総理の異母弟にあたります。

竹下派からの閣僚は、茂木敏充外務大臣の2人が選出されています。

加藤勝信の評判は?

加藤勝信官房長官の評価は、肯定的な評価よりも批判的な評価が多いように思われます。

加藤勝信官房長官が厚生労働大臣時代、新型コロナウイルスの対応について、感染防止対策の対応の遅さや、不手際で批判が相次いでいたために、一部では「無能」とまで言われていました。

TwitterなどのSNSでも連日のように批判のツイートが見受けられました。

質問をわざとはぐらかすため「ご飯論法」と揶揄されたり、「ですから」も特徴的な話法として、ツイッターでは「ですから加藤」とのあだ名もつけられていました。

記者会見の折も笑っているとの批判も多いようです。

本当に笑ってるかどうかは別として、その表情に緊張感がないために、真剣さが見えないといわれているようです。

その反面では、首相官邸の評価は高いようです。

官僚トップの杉田和博官房副長官は、茂木敏充外相や西村康稔経済再生相と比較して、「天才の茂木、努力の西村、人柄の加藤」と表しています。

それは国民や野党には上から目線なのに、官邸には媚びへつらっている実態がよく分かる表現とも言われており、単なる官邸のイエスマンだとの評判です。

所属する自民党竹下派での人望もいまひとつのようで、官房副長官時代に、菅義偉総理(当時官房長官)から

「後輩議員と飲み食いしたりして仲間を増やした方がいい」

と助言を受けたようですが、同席したある議員によると

とにかく話がつまらなくて、盛り上がらない。結局会食も1回きり

との声もきかれます。

また、大蔵省時代の関係者によりますと、加藤官房長官の入省年次は「花の54年組」と言われ、多くの事務次官を出していますが、その中で室崎勝信(当時)の名前が挙がることはなかったようです。

官房長官となって、これまでの批判的な評価を覆し、高い評価が得られるかどうかが、今後正念場になると思われます。




加藤勝信は官房長官として期待されている?

加藤勝信官房長官は、安倍政権で官房副長官を務めていたため、菅義偉総理としては幅広い分野での政策に明るい加藤官房長官を起用することで、安倍政権の政策を引き続き推進する狙いがあるものと見られています。

今回、加藤勝信官房長官が誕生した訳は、自民党が政権与党に復帰して以降では、官房副長官、大臣、党3役と要職と務めているのは、前安倍総理が大きな信頼を置いていたのは間違いないからと思われます。

一部では今回の官房長官人事にしても、菅義偉総理が安倍さんに忖度したなどの話も出ています。

世界的なコロナ禍の中で新たに誕生した菅義偉政権。

菅義偉総理の女房役として、どのようなサポートをしていくのか、その手腕を今後も期待したいと思います。

加藤勝信の家族は?

家族構成は妻の周子と娘4人の6人です。

周子さんについては学歴も年齢も今のところ公表されていません。

姉の加藤康子さんはハーバード卒で内閣官房参与としても活躍されている方なので、家庭環境を考慮すると高学歴だと考えられます。

周子さんの年齢はお子さんや姉の年齢を考えると50代後半ではないかと推測されます。

4人娘さんですが、2019年のインタビューでは「一番下が18歳で一番上が27歳」と語っています。

どの娘さんなのかはわかりませんが、2015年フジテレビに入社していると報道されています。

入社年を考えると齢的に長女なのではないかと思われます。

まとめ

  • 加藤勝信官房長官は1955年11月22日生まれの現在64歳です。
  • 東京学芸大学附属小金井中学校、東京都立大泉高等学校、東大経済学部卒業後は、旧大蔵省に入省しています。
  • 農水省出向時に当時農水相であった、加藤六月大臣の娘と結婚し婿養子になっています。
  • 2015年11月に中国比例ブロックで初当選後は6期務めています。
  • 内閣府特命担当大臣や厚生労働大臣を務めていました。
  • 党内では竹下派に所属しています。
  • 厚労大臣時代には、発言内容や対応の遅さなどから、批判が多く見受けられました。
  • 家族構成は妻と娘4人の6人家族です。

コロナ禍の中で今後も迅速な対応が求められる中、新しく発足した政権の中で最も重要なポストである官房長官に就いた加藤勝信氏。

今までの対応などへの批判を挽回し、菅義偉総理の女房役としてどのような対応をするのか、その頭脳を活かした今後の動向に注目していきたいと思います。