トレンド

早稲田実業中学倍率2022は?合格発表日や繰り上げ合格はいつ?

過去5年の合格最低点は男子171点女子198点

2021年12月20日~2022年1月13日の早稲田実業中学のWeb出願受付期間が迫り、受験が本格的になってきています。

試験日は2022年2月1日募集人数が110人です。

合格発表は2日後2月3日になります。

今回は2022年人気私立中学早稲田実業中学の実質倍率や合格者数や合格最低点、試験日などをご紹介します。

ちゅうこ
ちゅうこ
もう少しでWeb出願が開始されます。受付早稲田実業中学の実質倍率や合格者数や合格最低点はどうなのか気になるところですね。

早稲田実業中学倍率2022は?

【早稲田実業中学倍率2022】

<男子>

  • 実質倍率過去6年では3.0倍~4.1倍
    実質倍率の平均は3.4倍です。
  • 受験倍率過去6年では3.7倍~4.9倍
    受験倍率の平均は4.1倍です。

【早稲田実業中学倍率2022】

<女子>

  • 実質倍率過去6年では3.5倍~4.1倍
    また実質倍率の平均は3.8倍です。
  • 受験倍率過去6年では4.6倍~5.8倍
    また受験倍率の平均は5.1倍となりました。

なお男子の募集人数は過去6年間85人で女子の募集人数は40人です。

※2022年から学校のほうが大きく変わり、募集人数が大幅に変化します。

「男子」の募集人数は前年の85人から70人。
「女子」の募集人数は例年と変わらずの40人。
帰国生徒若干名の合計125人に変更されます。

過去6年の実質倍率と受験倍率のデータから2022年の男女別の倍率はご覧のような予想になります。

次に2020年と2021年の出願者数・受験者数・合格者数を男女別に見てみましょう。

  2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

実質倍率 3.2~4.1倍 3.2倍 3.5倍 4.1倍 3.5倍
募集定員 70名 85名 85名 85名 85名
出願者数 未定 361名 397名 442名 372名
出願倍率 未定 4.2倍 4.7倍 5.2倍 4.4倍
合格者数 未定 102 102 103 102
入学者数

ちなみに男子の受験者数は2021年で329人、2020年359人、2019年419人、2018年354人でした。

早稲田実業には、毎年300人から400人の男子が受験をしています。

また毎年20~30人程度の受験辞退者もいます。

こちらは過去2年間の早稲田実業を受験した男子の出願者数・受験者数・合格者数です。

  • 出願者数人 2020年 361人 2021年 397人
  • 受験者数人 2020年 329人 2021年 359人
  • 合格者数人 2020年 102人 2021年 102人
ちゅうこ
ちゅうこ
では、次は女子を見ていきましょう!
  2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

実質倍率 3.5~4.1倍 4.0倍 4.1倍 3.5倍 3.5倍
募集定員 40名 40名 40名 40名 40名
出願者数 未定 213名 241名 245名 211名
出願倍率 未定 4.2倍 4.7倍 6.1倍 5.3倍
合格者数 未定 50名 55名 57名 58名
入学者数

早稲田実業を受験した女子の受験者数は2021年が195人、2020年222人、2019年232人、2018年が204人でした。

毎年20人未満ほどの受験辞退者がいます。

こちらは過去2年間の早稲田実業を受験した女子の出願者数・受験者数・合格者数です。

  • 出願者数人 2020年 213人 2021年 241人
  • 受験者数人 2020年 329人 2021年 222人
  • 合格者数人 2020年 50人 2021年 55人
ちゅうこ
ちゅうこ
女子はどうしても募集人数が少ないから毎年倍率が高くなってしまうよね。

早稲田実業中学合格発表日2022は?

【早稲田実業中学発表日2022】

2022年2月3日(木)13:00~

早稲田実業中学の合格発表日は試験日の2日後に設定されています。

合格者はインターネット合格発表サイトにて発表されます。

早稲田実業中学繰り上げ合格の発表2022は?

繰り上げ合格については、公式サイトに明記されておらず、例年繰り上げ合格を公表していません。

方針として繰り上げ合格は出さない方針ではあります。

次に合格者平均点と合格最低点を過去5年のデータで見てみましょう。

<合格者平均点 点 (男女合計)>
データでみると102.8~140.0点という結果です。
このデータの平均は127.7点です。

<合格最低点  (男女合計)>
データでみると116.5~129.5点です。
このデータの平均は124.2点です。
男子の2021年合格最低点は203点でした。女子の2021年合格最低点は208点でした。

早稲田実業のテストは、200点満点(国語 60点・算数 60点・社会・40点・理科40点)です。

  2021年 2020年 2019年 2018年 2017年
合格者平均点 134.8点 140.0点 134.6点 139.6点 126.4点
合格者最低点 203点 130点 179点 168点 177点
合格者平均点 111.7点 116.0点 110.7点 113.6点 103.1点


※このデータの合格者平均点と受験者平均点は男女合計の点数です。

合格者平均点の過去5年の平均は135点で受験者平均点は111点でした。

なお男子の合格者最低点の過去5年の平均は171点で女子の平均は198点でした。

この合格者最低点を見ると女子のほうが20点も高く男子より女子のほうが合格するのが難しいことがわかりますね。

早稲田実業中学塾別合格実績2022は?

次に塾別の合格実績を1~10位まで見てみましょう。

順位 塾名 人数
1 早稲田アカデミー 78名
2 四谷大塚 69名
3 SAPIX 56名
4 早慶維新塾 26名
5 日能研 13名
6 栄光ゼミナール 7名
7 市進学院 1名
7 ena 1名
7 おぎしん 1名
7 アントレ 1名
7 日本教育学院 1名
9 鉄能会 人数不明
10 臨海セミナー 人数不明
10 エリオ 人数不明

※こちらは2020年のデータになります

例年上位3校は早稲田アカデミー、四谷大塚、SAPIX(サピックス)が多いです。

御三家などの難関校での合格実績を見るとSAPIXの合格者数が群を抜いて多いのですが、早稲田実業は早稲田アカデミーの方が多いですね。

早稲田実業中学塾別偏差値

<男子>

塾名 偏差値
SAPIX 56
四谷大塚 63
日能研 66
早稲田アカデミー 63
栄光ゼミナール 不明

<女子>

塾名 偏差値
SAPIX 59
四谷大塚 69
日能研 67
早稲田アカデミー 69
栄光ゼミナール 不明

こちらは2021年のデータですが塾別によって偏差値が異なります。

早稲田実業中学受かるためには?

<男子>満点で60点と点数の高い国語と数学を基礎からしっかり学び穴を作らず、社会、理科も基礎からしっかり理解して受験に臨みましょう。

<女子>女子は男子以上の競争力となりますので全教科男子よりも高い点数がとれるように学習方法など見直し、穴をなくして受験に臨みましょう

まとめ

  • 早稲田実業中学の合格発表は2月3日にインターネットで行われる。
  • 早稲田実業中学の繰り上げ合格は例年出ていない。
  • 早稲田実業中学の実質倍率は3.0~4.1倍です。