スポーツ

達孝太/天理の出身中学小学校は?成績や強みは?

天理高校エースの達孝太投手は、大阪府堺市立浜寺南中学出身です。
中学時代所属していたチームは、泉州阪堺ボーイズ強豪チームにいました。

達孝太投手の強みは、190㎝を超える大型右腕で、最速146キロのストレートで、新チームになってから、昨年秋に奈良大会優勝、近畿大会ベスト8に導きました。

将来は、パドレスのダルビッシュ有投手になるのではと想像しています。

達孝太投手の成績を振り返りつつ、選抜高校での優勝の可能性や今後の活躍を予想してみました。

ちゅうこ
ちゅうこ
天理高校エースの達孝太投手の活躍が楽しみすぎる!

達孝太/天理の出身中学校は?

  • 出身中学は堺市立浜寺南中学
  • 所属クラブは「泉州阪堺ボーイズ」

達孝太投手が所属していた泉州阪堺ボーイズは、全国大会常連の強豪チームです。
達孝太投手はピッチャーとして活躍していました。

在籍中でボーイズ選手権大会、ジャイアンツカップに出場、2018年のボーイズ春季全国大会では、ベスト8の好成績を収めました。

<泉州阪堺ボーイズのOB>

千葉ロッテマリーンズの三木亮選手

 

東北楽天ゴールデンイーグルスの黒川史陽選手

達孝太/天理小学校時代のチームは?

  • 出身小学校は堺市立浜寺昭和小学校
  • 軟式野球の「高石スワローズ」に所属入団。

達孝太投手は、小学4年生の時に、軟式野球チームの高石スワローズに入団します。
当時は投手ではなく、捕手として試合に出ていました。

ちなみに達孝太投手は、小学6年生の段階で、身長177㎝あったそうです。

達孝太/天理への進学を選んだ理由は?

大阪出身の達孝太投手ですが、選んだ進学先は奈良県の強豪天理高校

中学2年生の時に、甲子園での天理高校の試合を見て、興味を持ち決断しました。

達孝太/天理入学後の実績

  • 昨年秋は奈良大会優勝
  • 近畿大会ベスト8

達孝太投手は天理高校入学後、1年生の夏から控えの投手として、ベンチ入りを果たしています。

背番号は19です。

2019年夏の県予選、大和広陵戦で5番手として登板しました。
試合には敗れましたが、2回を投げ0失点に抑えています。

2019年秋の近畿大会でチームは優勝、明治神宮大会でもベスト4入りを果たしています。

達孝太投手も近畿大会決勝の大阪桐蔭戦で、公式戦初先発し8回途中まで投げています。

昨年夏の甲子園交流戦で、初の甲子園のマウンドを経験し、広島新庄打線をしっかりと0に抑えています。

新チームになってからは、エースとして、昨年秋は奈良大会優勝、近畿大会ベスト8に導きました。

達孝太/天理の投球成績

新チームになってからの公式戦である昨年秋大会に開催された奈良大会と近畿大会での投球成績です。

◎2020年秋奈良大会の投球成績

 対戦相手先発被安打奪三振四死球失点
2回戦法隆国際7回1600
3回戦橿原7回31100
準々決勝御所実業6回31101
準決勝畝傍7回2800
決勝智弁学園9回9922

◎2020年秋近畿大会の投球成績

 対戦相手先発被安打奪三振四死球失点
1回戦乙訓9回51311
準々決勝大阪桐蔭7回110311

◎2020年秋近畿大会の投球成績

通算先発7試合完投6完封3投球回数
 52
被安打
 34
奪三振
 67
四死球
 9
失 点 15防御率
2.60
奪三振率
11.77

達孝太/天理の身長体重は?

  • 身長は192㎝ 体重は80kg

達孝太投手は長身で、スラっとした体形で、”奈良のダルビッシュ”の表現が、とても似合うプレーヤーです。
まさに、東北高校時代のダルビッシュ有投手に似ています。

達孝太投手は秋の段階では、まだ少し線が細い感じがしましたが、一冬超えて、どこまでスケールアップしているのか楽しみです。

ちなみに達孝太投手の誕生日は3月27日です。
人によっては、ほぼ1年差があるのに、この体格はすごいです。




達孝太/天理の家族構成

父親、母親、達孝太投手、弟2人の5人家族

ちなみに達孝太投手は身長190㎝以上ですが、両親は特別大きいわけでもなく、平均身長です。

達孝太投手は、毎日朝昼は700グラム、夜は1キロの白米を食べているそうで、両親のバックアップもばっちりです。

達孝太/天理の性格は?

高い目標を目指す非常に意識の高い性格

達孝太投手の憧れの選手は、メジャーリーガーで、パドレスに所属しているダルビッシュ有投手です。
本人の夢も、メジャーリーガーということで、高い目標を目指す非常に意識の高い性格だと感じます。

達孝太投手は、新チームなって、チームのエースになりました。
そこから公式戦では、ほぼ一人でマウンドを守っています。

ほとんど負けなしで、迎えた近畿大会の準々決勝大阪桐蔭戦で打ち込まれ、まさかのコールド負けを喫します。

そのことで、体力不足を実感し、ウエイトアップに取り組んでいるとのことです。
エースの自覚があり、責任感の強い人間だと感じられます。

達孝太/天理の強みは?

  • 長身から角度のある速球が魅力

達孝太投手は、190㎝を超える大型右腕で、最速146キロのストレートを繰り出します。

ノーワイインドアップから柔らかく、体を使い腕がしなるようきれいな投球フォームで投げます。

力感がなくバランスの取れた投げ方は、持久性に優れ長いイニング投げても、球の勢いが衰えません。
昨年秋の公式戦では、7試合先発中6試合完投するなど、ほぼ一人で投げぬいています。

また変化球の切れもよく、52イニングを投げて67個の三振を奪う程です。
持ち球はフォーク、カーブ、カットボール、中でもフォークボールは落差があり、追い込まれると、打者はなかなかバットを込めることはできません。

近畿大会で大敗した大阪桐蔭戦でも、フォークボールで多くの三振を奪って見せました。
さらにコントロールも、よくわずか9個しか与えていません。

1試合2個与えない計算です。

達孝太投手は、昨年の夏の甲子園にも登板し、しっかり抑え経験を積みました。
多くの好投手がいる世代の中でも、注目度の高い投手です。

達孝太/天理の選抜高校で優勝する可能性は?

  • 出身中学は北海道旭川市立明星中学
  • クラブチームは旭川大雪ボーイズ所属

天理高校は、大会2日目の第一試合で初戦を迎えます。
対戦校は、九州地区代表の宮崎商です。

また同じブロックには、優勝候補で強打の健大高崎がいます。
ベスト8以降になれば、明徳義塾や東海大相模などの名門校と、対戦する可能性があります。

今回のトーナメント抽選は、同県を除いてフリー抽選だったので、少し偏りがあり、近畿地区の代表は、ほとんど別のブロックに分けられました。

達孝太投手は間違いなく、1回戦から先発登板してきます。
そして9回まで、マウンドに立ち続けることになるでしょう。

そこで、ネックになってくるのが、今大会導入されている球数制限です。
1週間に500球までというルールがあります。

達孝太投手の天理高校は、初戦が大会2日目ということで、2回戦は5日後に、準々決勝は8日後になり、1、2回戦は連投し完投しても問題なさそうです。

ただ準々決勝から決勝まで、3試合が5日間の中で行われるので、1試合当たり、約166球以内に抑えなければ、途中でマウンドを降りなくてはなりません。

優勝を狙うのであれば、準々決勝以降の球数にも、気を付けたいところです。

チーム自体の評価は、近畿ベスト8止まりということで、大阪桐蔭や智弁学園に比べると低いです。

しかし奈良大会では、近畿王者智弁学園に勝利しています。
達孝太投手の活躍次第では、上位に勝ち進むこともできるでしょう。

是非とも、見たい対戦は健大高崎との勝負です。

両校勝ち上がれば、2回戦で当たります。
大会屈指の強力打線を誇る健大高崎打線に対し、達孝太投手は、どのような投球するのか見てみたいです。

達孝太/天理はドラフト候補?

ドラフト指名は確実

達孝太投手は、よほどのケガがない限り、支配下でのドラフト指名が確実的です。

素材型の投手として、上位3位以内での指名もあり得そうです。
ただ今年は、非常に高校生の投手で逸材が多く、即戦力でなく、入団後、数年育成が必要な達孝太投手の1位指名は、現実的ではなさそうです。

しかしあくまで、昨年秋までの評価です。

選抜そして、夏の甲子園での活躍によっては、評価がかなり上がると思われます。

達孝太/天理の将来は?

達孝太投手本人は、メジャーリーガーになるのを目標にしています。

ただ高卒ですぐにメジャーに行くのは、現実的に難しいので、まずは日本のプロ野球に入ることになるでしょう。

昨年秋の段階で、Maxは146キロということですが、これからトレーニングを積んでいけば、150キロ越えは、確実で160キロ近いボールも投げることも夢ではないです。

長い手足を生かしたゆったりした投球フォームで、ストレートに頼ることなく変化球を自在に操って三振を多く奪います。

そうした観点から思い浮かぶ投手は、パドレスのダルビッシュ有投手です。

まとめ

  • 中学時代は強豪ボーイズクラブの泉州阪堺ボーイズ所属
  • 目標にする投手はパドレスのダルビッシュ有投手
  • エースとして公式戦ほぼ一人で投げるチームの大黒柱
  • Max146キロの速球と落差の大きいフォークで三振の山を築く
  • 今秋ドラフトでも指名確実の注目投手