スポーツ

大塚瑠晏/東海大相模の出身中学小学校は?成績や強みは?

東海大相模高校主将の大塚瑠晏選手は、中学時代小山ボーイズに所属しショートを守っていました。

大塚瑠晏選手は、中学3年生の時に。世界少年野球大会日本代表に選出されるほど、その頃からかなりの実力を兼ね備えていました。

リーダーシップも、ばっちりの東海大相模高校主将の大塚瑠晏選手の今までの成績からプロフィールをご紹介します。

ちゅうこ
ちゅうこ
東海大相模高校は、1回戦東海大甲府高校から3点を獲得し2回戦出場ですね!主将の大塚瑠晏選手に期待!

大塚瑠晏/東海大相模の出身中学校は?

  • 出身中学は栃木南中学校
  • 所属クラブは小山ボーイズ

大塚瑠晏選手が所属していた小山ボーイズではショートを守っていました。

チームは毎年全国大会に出場する強豪クラブです。
大塚瑠晏選手は2年生からショートのレギュラーとして試合に出ていました。

同じチームには、昨年、大阪桐蔭から埼玉西武ライオンズに、ドラフト指名された仲三河優太選手が一つ上の先輩としていました。

主な実績は、ボーイズ選手権大会2017年準優勝、ジャイアンツカップ2017年準優勝です。

大塚瑠晏選手は3年生の時に、世界少年野球大会日本代表に選出されています。

当時から野球センスは高く評価されていて、特にショートでの軽快な守備は注目されていました。

大塚瑠晏/東海大相模小学校時代のチームは?

  • 出身小学校は栃木南小学校
  • 所属クラブは小山ボーイズ

大塚瑠晏選手は小学6年の時に、東京ヤクルトスワローズJrに選出されています。

背番号3を付けて中心選手でした。
当時のポジションは内野手です。

ちなみに、大塚瑠晏選手の家族構成は両親と兄がいます。




大塚瑠晏/東海大相模への進学を選んだ理由は?

プロを目指す大塚瑠晏選手に適した環境

全国クラスの強豪校東海大相模は、毎年多くのプロ野球選手を輩出しています。

プロ野球選手を目指す大塚瑠晏選手にとっては、野球に専念できる環境で力を付けたかったのではないかと思います。

大塚瑠晏/東海大相模の身長体重は?

大塚瑠晏選手の身長は168㎝、体重は68kgです。

近年大柄な高校球児が目立つ中、大塚瑠晏選手は小柄な選手だといえます。

プロ野球の世界でも170㎝以下の選手は非常に珍しく、最近高卒でプロに指名された選手で言えば、現在千葉ロッテマリーンズに所属している西巻賢二選手が同じショートで身長167㎝です。

大塚瑠晏/東海大相模の身体能力

大塚瑠晏選手は遠投95M、50M走6秒です。

プロテスト一次試験合格基準の数字が、遠投90M以上、50M走6.5秒以内になっていることが多いので、高水準だと言えます。

また一塁までの駆け抜けるタイムは最速3.9秒を記録しています。
こちらのタイムはめちゃくちゃ早いです。

ただ左打者で、セーフティーバントでのタイムです。

普段の打席では、4.2秒前後をマークしています。
ちなみに、プロの俊足を売りにしているプレーヤーは4秒を切る事も珍しくないのです。

小柄ですが、練習試合を含めて高校通算10本ホームランを打っています。

大塚瑠晏/東海大相模の性格は?

大塚瑠晏選手の主将としてのチームをまとめる姿や打線の切り込み隊長としての引っ張る姿は非常に好感がもてます。

性格的にもリーダーシップがあると考えられます。

大塚瑠晏/東海大相模の成績は?

大塚瑠晏選手は1年生の夏にベンチ入りを果たします。

全国でもトップクラスの強豪チームで部員も多いなかの選出なので、大塚瑠晏選手の高い野球センスが伺えます。

神奈川予選では控えとして出場機会も多くはありませんでした。
チームは見事優勝し甲子園に出場しています。

大塚瑠晏選手は甲子園大会ではベンチ入りを外れます。
チームは2回戦から登場し、3回戦の中京学院大中京に敗戦しました。

一年生秋に、大塚瑠晏選手はショートのレギュラーとなります。
チームは関東大会でベスト4になり選抜にも選出されました。

残念ながら、この年の選抜は中止になっています。

二年生の夏の神奈川県独自大会では、チームの優勝に貢献しました。
夏の甲子園交流戦にも途中出場して打席にも立っています。

新チームになって、大塚瑠晏選手はチームのキャプテンに就任します。
昨年秋の大会では、主に1番ショートを務め、神奈川大会では他校を圧倒しての優勝。

関東大会では、ベスト8になりました。

大塚瑠晏選手は神奈川大会では、4割を超えるアベレージをマークし、また守備でも投手を盛りたて攻守にチームを引っ張って居ました

チームは関東大会ベスト8でしたが、何とか関東地区5枠目に滑り込み2年連続選抜出場を決めました。

初戦となった東海大甲府戦、奇しくも秋の関東大会で敗れた相手との再戦となり、延長の末大塚瑠晏選手の決勝タイムリーが決め手となり、初戦突破を決めています。

大塚瑠晏選手は昨年秋までは1番バッターでしたが、選抜初戦は2番として、スタメンしていました。

  • 2019年夏神奈川大会   優勝
  • 2019年秋神奈川大会   優勝
  • 2019年秋関東大会    ベスト4
  • 2020年夏神奈川独自大会 優勝
  • 2020年秋神奈川大会   優勝
  • 2020年秋関東大会    ベスト8
  • 2021年春選抜      出場

以下のような成績を執筆頂く際には、以下表にご入力ください。

 試合打率打数安打二塁打本塁打打点
2019年夏神奈川5試合.50021001
2019年秋神奈川6試合.316196105
2019年秋関東3試合.250123001
2020年夏神奈川5試合.333186000
2020年秋神奈川7試合.4402511011
2020年秋季関東地区大会2試合.25082000

大塚瑠晏/東海大相模の強みは?

  1. 強肩と俊敏性を生かした広い守備範囲
  2. 俊足巧打のリードオフマン
  3. 実績抜群で野球センスの塊

大塚瑠晏/東海大相模の強み①

大塚瑠晏選手のショートの守備力は非常に評価が高いです。
東海大相模で1年生からレギュラーになるくらいですから相当な実力はあります。

正面の打球は、もちろん左右の動きがすごくいいです。
小柄な体ならではの細かい脚の運びで打球に追いつきます。

捕ってから送球までの動作に無駄がなく流れるような打球処理です。
強肩で送球も安定しています。

打者によって、ポジショニングを大胆に変えており、抜けたかと思われた打球にも追いついて処理しています。

東海大相模監督名将門馬敬司監督からも高い評価を受けている守備能力は超高校生級です。

大塚瑠晏/東海大相模の強み②

主に1番2番を務める事が多い大塚瑠晏選手は、左打者でコースに逆らわずに、ヒットコースに打ち分けるスタイルです。

重心を少し落とし構えたバットを軽くヒッチさせながら投球を待ちます。
タイミングを合わせて大きく脚を上げスイングにかかります。

バットに当てることがうまいのが特長で、三振が少ないです。
また選球眼もよく、四球もよく選んでます。

ホームランを含め長打は少ないですが、俊足を生かした打撃と出塁したら、次の塁を狙う積極的な走塁も持ち味です。

大塚瑠晏/東海大相模の強み③

小学生の時に、野球を始めた大塚瑠晏選手は、当時から実力は抜けていて、6年生では応募400人を超える中から東京ヤクルトスワローズJrに選出されて、中学時代は全国大会の経験、日本代表の選出されました。

東海大相模でも、即メンバー入りする等野球センスと、これまでの大舞台の経験はピカイチです。

大塚瑠晏/東海大相模の将来像

埼玉西武ライオンズ源田壮亮選手

左打のショートで俊足巧打を武器として、今後プロの世界でも、リードオフマンとして活躍してほしいです。

守備のフットワークを見ていると、埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手にとても似ています。
大塚瑠晏選手自身も、源田壮亮選手を目標としているみたいです。

大塚瑠晏/東海大相模はドラフト候補?

高卒即プロは厳しく実力を付けてからの即戦力指名が現実的

高い守備力と巧みな打撃力を持った大塚瑠晏選手ですが、現状では高卒で即プロというのは可能性は低いと言えるでしょう。

高校生は、将来性を重視して指名してくるので、実力よりも体格や打球の飛距離が重視されます。

大塚瑠晏選手は、他の高校生に比べ、完成度が高く、実践的な選手だけに、よっぽど圧倒的な格の違いを見せない限りは、なかなかスカウトも手が出しにくいと思います。

しかし、野球選手としての能力は高いので、高卒即プロというより、大学や社会人を経由してより自分自身の特長を磨けば、大塚瑠選手の夢であるプロ野球選手になれると思います。

大塚瑠晏/東海大相模の今後の課題

大塚瑠晏選手が、今後これからもっとレベルの高い場所で。プレーするのであれば打撃力の向上がカギ

現状、大塚瑠晏選手の打撃フォームは、大きく足を上げてタイミングを取ってます。

投手のレベルがあがってくれば、タイミングを外してくるので、今までのように大きくは上げる事はできないでしょう。

長打を打つタイプではないものの、強い球に負けないスイング力が求められてきそうです。

まとめ

  • 東海大相模高校の主将大塚瑠晏選手は栃木県出身で中学時代小山ボーイズに所属し日本代表経験有り。
  • 東海大相模高校では1年生からベンチ入り。
  • 東海大相模高校が新チームになってから主将として攻守でチームを引っ張る。
  • 野球センスの塊で特にショートの守備は超高校級。