スポーツ

前川右京/智弁学園の出身中学小学校は?成績や強みは?

智弁学園の前川右京選手は、小学生時代はソフトボールを中学時代は津ボーイズに所属し、センターと活躍していました。

前川右京選手が、中学3年生時には、中日本選抜に選出されている実力派です。

外野手として、プロの評価が高いので、ドラフト候補として、3位から4位指名される可能性は高いです。

前川右京選手のこれまでの成績や強みをチェックしていきましょう。

ちゅうこ
ちゅうこ
強打の左打者、前川右京選手の進路はどうなるかな?

前川右京/智弁学園の出身中学校は?

  • 出身中学は津市立一身田中学校
  • 所属クラブは津ボーイズ

前川右京選手のボーイズ時代のポジションはセンターです。
ボーイズの全国大会の出場経験があり、3年生の時には中日本選抜に選出されました。

中日本選抜での鶴岡一人記念大会ではチームを優勝に導き、前川右京選手は最優秀選手に選ばれました。
ちなみに中学時代の前川右京選手の体型は身長175㎝、体重65kg。

特別大きいというわけではなかったみたいです。




前川右京/智弁学園小学校時代のチームは?

  • 出身小学校は津市立白塚小学校
  • 小学時代は白塚バッファローズでソフトボールをしていました。

前川右京選手は小学一年生の時にソフトボールを始めます。

お兄さんは当時サッカーをやっていたらしく、兄の影響で始めたというわけではないそうです。

プロ野球選手の中には、前川右京選手のように、ソフトボールから始めたという人も珍しくなく、例えば、メジャーやヤクルトスワローズでも、活躍した岩村明憲さんも、また小学生時代はソフトボールをしていたことで有名です。

前川右京/智弁学園への進学を選んだ理由は?

  • 地元を離れた厳しい環境
  • 高卒でプロを目指せる高校

プロ野球選手を目指すならというポイントで進学されたと予想

前川右京選手の出身は、三重県津市。
智弁学園の所在地は奈良県五条市。

お隣同士の県ですが、どちらも県の端っこなので、電車で3時間もかかるとんでもなく遠い距離にあります。
お兄さんは桑名市の津田学園に進学しています。

前川右京選手は、中学時代の実績で、甲子園常連校から誘いを受けました。

もちろん、お兄さんのいる津田学園も候補でしたが、兄がいると、どうしても甘えてしまうという考えから、あえて違う高校に進学を決意しました。

智弁学園は、奈良の強豪で現読売ジャイアンツの岡本和真選手や廣岡大志選手など、高卒でプロになったプレーヤーも数多く輩出しています。

前川右京/智弁学園の身長体重は?

前川右京選手の身長は177㎝、体重は88kg。

見るからに、がっちりとした体格だと感じます。

上背こそ特別大きいわけではないですが、打席での威圧感はすごくあります。

前川右京選手の趣味は、筋肉トレーニングで、チーム一の大食いだそうなので、もしかしたら、まだまだこれから大きくなるかもしれません。

前川右京/智弁学園の性格は?

  • 自分の意思をしっかり持っている人間
  • チームの中心選手として責任感ある性格

“第三者の評価を意識した生き方はしたくない“前川右京選手の好きな言葉です。
しっかりと自分の考えを持った自立した性格だと感じられます。

名門校で、1年生夏から主力として、活躍してきた前川右京選手。
最高学年になり、自分がチームを牽引しなくてはいけないという自覚もすごく感じられます。

それは昨年秋の近畿大会で、4割のアベレージをマークしても、3番打者として、4割ではチームに勢いを与えられないと話しています。

また大阪桐蔭を破って近畿大会優勝しても、準決勝で苦戦したプロ注目の小園健太投手みたいな投手を打たないと、上にはいけないと、のちのインタビューで話しています。

前川右京/智弁学園は中日ファン?

前川右京選手は、出身地三重県ということもあり、中日ドラゴンズのファンみたいです。

好きな選手は根尾昴選手です。

ちなみに前川右京選手、根尾昴選手ともに身長は177㎝です。

前川右京/智弁学園の家族

前川右京選手の家族構成は、両親と兄の4人家族です。

お兄さんも野球をしていています。
同じ津ボーイズ出身で、高校は三重の津田学園です。

前川右京選手とは、2学年離れていて、2019年には、二人そろって甲子園に出場しました。

しかも、両選手ともにチームの4番として出場ということで、当時は話題にあがりました。

前川右京/智弁学園の成績は?

前川右京選手は名門智弁学園に入学後即レギュラー獲得します。

1年生夏から4番として試合に出場しています。
新チームなってから前川右京選手は、主に3番打者として出場し、高校通算30本のホームランを打っています。

  • 2019年夏奈良大会  優勝
  • 2019年夏甲子園出場
  • 2019年秋奈良大会  優勝
  • 2019年秋近畿大会  ベスト4
  • 2020年夏甲子園交流戦出場
  • 2020年秋奈良大会  準優勝
  • 2020年秋近畿大会  優勝
 試合打数安打二塁打本塁打打点
2019年夏奈良大会 5試合

13

4001
2019年夏甲子園 1試合

5

2103
2019年秋奈良大会 5試合

16111411
2019年秋近畿大会3試合 13

6126
2020年夏甲子園 1試合

31000
2020年秋奈良大会 5試合

146113
2020年秋近畿大会4試合166114

前川右京/智弁学園の甲子園での活躍は?

前川右京選手は、今春の選抜出場を決めています。

智弁学園は近畿のチャンピオンということで優勝候補に挙げられる注目チームです。
2016年以来の優勝も夢ではありません。

前川右京選手は1年生の夏に初めて甲子園に出場しました。

2年生の春も選抜決めていましたが中止になり、夏の甲子園交流戦には出場しました。
甲子園通算では8打数3安打です。

ただ前川右京選手自身甲子園での勝利がまだありません。

前川右京/智弁学園の強みは?

  • 名門校で1年生からレギュラーになる打撃センス
  • 世代を代表するスラッガー

前川右京選手は、強打が売りの外野手で、名門智弁学園でも1年生夏から公式戦に出場していました。
左打席から放たれる打球は超高校生級です。

堂々とした体格で打席に立ちます。

投手の投球始動に合わせて、足を上げ少し振り子打法のように、足をホームベース方向に投げ出します。

投手によっては、脚の上げる高さを変えたり、追い込まれると、スライドステップにしたりと工夫した打席が見られます。

高校通算30本のホームランを打つ長打力と、どの大会でも高いアベレージを記録する確実性を兼ね備えています。

バットに当てるのもうまくて、選球眼も非常によく、三振の数も少ないです。
追い込まれても、なかなか打ち取ることが難しい打者なので、投手にとっては厄介な打者でしょう。

智弁学園監督の小坂将商監督同校OBの現読売ジャイアンツの岡本和真選手の飛距離に負けないと評しています。
チームの主軸として、責任感も強い前川右京選手のこれからの成長が楽しみです。

前川右京/智弁学園はドラフト候補?

強打の左打者として、プロのスカウトの評価も上々です。

今年の高校生では、ナンバー1の左打者だと話しています。
前川右京選手もプロ野球選手が夢なので、今年のドラフトで、プロ志望届を提出可能性は間違いないでしょう。

しかし、外野手専門ということで、よっぽど打力で、評価されないと上位指名というのはなさそうです。

前川右京選手の場合は、左投げということで、コンバートも難しいですし、また身体能力を測る上での遠投や50Mのタイムも平凡です。

現時点では、よくても3位から4位指名になってくると思われます。

今後、ドラフト指名を確実に尚、上位指名で勝ち取るには、甲子園での活躍がカギになってくるでしょう。

前川右京/智弁学園は将来像

チームの4番を打つスラッガー

前川右京選手は、左投げなので、現在のポジションは、外野手からのコンバートはできてファーストに限られてきます。

選手起用が限られてくるタイプなだけに、長所の打撃には、力を入れと取り組む必要があります。

前川右京選手は、イメージ的には一番センターというより、4番ライトが似合う選手です。

現オリックスバファローズで、活躍している吉田正尚選手のようなミート力のあるスラッガーになってほしいです。

まとめ

  • 小学生時代にソフトボールを始め、中学生から硬式野球を始めます。
  • 津ボーイズ時代には全国大会出場や、代表チームに選抜されるなどの実績があります。
  • 高校は名門智弁学園に進学、1年生夏には甲子園にも出場しています。
  • 強打が売りの左のスラッガーで新チームになってからは3番打者として打線を引っ張ります。
  • プロのスカウトの評価も高く、世代でもトップクラスの打撃を売りにプロを目指します。