ドラマ

ドラゴン桜2原作漫画ネタバレは?最終回結末と前作ドラマとの違いは?

ちゅうこ
ちゅうこ
阿部寛さんの桜木がまた見れるのも嬉しいですね。

ドラゴン桜2原作漫画ネタバレは?

ドラゴン桜2の舞台は、前作の10年後。

前作で東大に合格した水野直美が指導者として活躍する。

前作の『ドラゴン桜』は2003年から2007年まで雑誌モーニングで連載され、そちらを原作とするドラマが2005年にTBSで放送されました。

そして、今作のドラゴン桜2続編は前作から10年後の設定となっています。

前作は、経営破綻状態となった龍山高校で、元暴走族の駆け出し弁護士だった桜木が学校の経営を立て直すというところから物語が始まりました。

経営を復活させるために、桜木は東大合格者を出すことにし、人生をあきらめかけていた生徒、水野直美(みずの なおみ)と矢島勇介(やじま ゆうすけ)に特別なカリキュラムをほどこします。

受験の結果水野は見事東大に合格。矢島は不合格となりましたが、次の年に再チャレンジすることを誓うというところで物語は終わります。

それから10年。

経営破綻状態だった龍山高校は進学校として知られる高校に成長しました。

ところが、龍野久美子が理事長代理となってからは事情が急変します。

影で女帝と呼ばれるほどワンマンな龍野は、有名私立大学への合格を重視しており、そのために東大合格者は徐々に減っていました。

そして、とうとう龍山高校からの東大合格者がゼロになってしまったことをきっかけに、桜木が理事となり、再び東大合格を目指す「東大専科」を設立することになります。

桜木の勝手な宣言によってスタートした東大専科。

東大合格を目指すというプロジェクトのため、桜木はかつての卒業生で、龍山高校初の東大合格者である水野直美に助けを求めます。

水野は今は、桜木のもとで弁護士をしていましたが、桜木の依頼で龍山高校での東大合格プロジェクトに関わっていくこととなります。

2005年に放送された実写ドラマ版では、桜木を阿部寛さんが演じました。

そして、水野直美を長澤まさみさんが演じました。

<原作漫画とドラマ版の違い>

漫画版では、水野は現役で東大に合格していますが

ドラマ版では、一年間の浪人の末、東大に合格しています。

いい加減でだらしない母を軽蔑していましたが、その母が病気になり、意識が戻らなかったため、東大受験を途中で断念するというつらい思いもしているという設定になっています。

『ドラゴン桜2』では、東大合格を目指す生徒を指導する側として登場します。

もちろん、ドラマ版の続編でも桜木は阿部寛さんが、水野は長澤まさみさんが続投します。

ドラゴン桜2原作漫画の最終回結末は?

ドラゴン桜2の原作漫画では、新しい生徒も無事、東大合格という最終回結末

『ドラゴン桜2続編』には、新しく東大合格を目指す生徒として、早瀬菜緒(はやせ なお)と天野晃一郎(あまの こういちろう)が登場。

前作同様、様々な受験テクニックや勉強法が登場し、物語は進んでいきます。

東大を受験した早瀬と天野は見事、東大に合格

そのほか、難関校コースにいた生徒や龍山高校を卒業した浪人生も東大受験に挑戦し、結果的に13人を東大に合格させるという成果を出すというところで物語は終わります。

<原作漫画では>

原作では、早瀬菜緒はいわゆる今どきの子として描かれていて、地道な努力が苦手な生徒として登場します。

また、天野晃一郎は慎重派で努力はできるものの、中学・高校と受験に失敗しており、さらに弟が自分よりも優秀であるということに劣等感を抱いている生徒として描かれています。

いろいろな思いを抱える生徒が、東大合格に向けてがんばるという基本ストーリーは前作を引き継いでいます。




ドラゴン桜2ドラマの最終回結末を予想

ドラゴン桜2のラストでは東大合格者多数。

ただし、そうでない生徒も。

前作のラストがそうであったように、生徒全員が東大合格ということにはならないと予想します。

水野もそうでしたが、浪人を決心する者や進学先を変更するという生徒も現れると思います。

一浪を経験している水野だからこそ、浪人して再チャレンジを決心する生徒を応援するという場面もあるのではないかと思います。

ドラゴン桜2ドラマのキャスト

ドラゴン桜2から登場する主要な登場人物をご紹介します。

高原浩之(たかはら ひろゆき)

演:及川光博さん

原作ではドラゴン桜にも登場していますが、ドラマ版では2からの登場となります。

龍山高校の教頭で、再び経営の危機になった学園を立て直すため桜木を呼び戻します。

龍野久美子(たつの くみこ)

演:江口のりこさん

龍山高校の理事長で、学園を再び経営危機にしてしまった張本人です。

ワンマンなやり方で、何かと桜木の邪魔をするキャラクターとして登場します。

以下が、東大専科に所属し、東大合格を目指す生徒たちです。

瀬戸輝(せと あきら)

演:髙橋海人(King & Prince)

龍山高校の近くにあるラーメン店の息子。

両親はすでに他界しており、今は姉が一人で店を切り盛りしている。

なんとなく自分が店を継ぐことになるのだろうと思っており、将来に対する夢や希望を持っていないという生徒として登場する。

早瀬菜緒(はやせ なお)

演:南沙良さん

これまで、何不自由なく育ってきたものの何かに真剣に打ち込んだという経験がないというイマドキの女子生徒。

本気でがんばれる自分になるために東大専科に所属することを決めたという設定。

岩崎楓(いわさき かえで)

演:平手友梨奈さん

全国でもトップレベルの実力を持つバドミントン選手として活躍する生徒。

頑張り屋であるがゆえに、周りの期待に応えようと大きな壁にぶち当たってしまうという設定。

天野晃一郎(あまの こういちろう)

演:加藤清史郎さん

優秀な弟と常に比較されてきたため、大きな劣等感を抱えている。

家族を見返したいという思いはあるものの、一歩が踏み出せずにいるという生徒として描かれる。

藤井遼(ふじい りょう)

演:鈴鹿央士さん

学年トップの成績であるために、周りをみくだす傾向がある生徒。

そのため、浮いた存在となっているという設定。

小杉麻里(こすぎ まり)

演:志田彩良さん

文系トップの成績を誇るものの、ある秘密を抱えているため、仲間や教師と距離があるという設定。

原健太(はら けんた)

演:細田佳央太さん

昆虫の大好きな心優しい高校生。

ただ、問題を抱えているため、周囲から孤立しているという設定。

生徒たちのプロフィールを見ただけでも、波乱のストーリーが予想できますね。

桜木と水野は新しい生徒とどう対峙していくのでしょうか。

ドラゴン桜2前作ドラマとの違いは?

  • 大学入試が変わったことで前作とは大学受験の取り組み方の違いが出てくると予想
  • 10年経過したことによる高校生における環境の変化の描写

ドラゴン桜2のドラマ版では、大学入試の変化とともに、ドラマ版にもその影響が出るはずです。

また、前作から10年も経過していることから高校生の生活自体に変化が現れ時代に合ったストーリーで構成されているはず。

大学の入試が変わった

ドラマ版の『ドラゴン桜2』は漫画を原作としながらも、ドラマオリジナルのストーリーが展開するものと思われます。

大学受験をめぐっては、これまで実施されていたセンター試験が廃止され、共通テストが開始されました。

これまでは、記憶詰込み型の勉強である程度まではいけたものの、思考力を試されるような試験が増えてきていて、これまでのドラゴン桜流の勉強法が通用しないという流れになってきています。

桜木や水野はこの変化にどう対応していくのかというのが、ドラマ版の一つの見どころになっていくのではないかと思います。

高校生を取り巻く環境が変わった

また、高校生を取り巻く環境も前作からは大きく変わっています。

スマホを一人一台持つのが当たり前となり、情報を得ることが簡単になった時代です。

そんな龍山高校の新しい生徒に桜木と水野がどう向き合っていくのかということもドラマ版での注目ポイントです。

漫画版では、主要な登場人物は東大に合格することができましたが、ドラマ版では違ったラストを迎えるのではないかとも思います。

果たして、東大に現役で合格することだけが本当にハッピーエンドなのかということも含めて注目です。

漫画版とは違い、ドラマ版の水野は一浪していますので、やはりドラマ版独自のストーリー展開になっていくのではと思います。

まとめ

  • ドラゴン桜2の舞台は、前作の10年後。
    前作の卒業生・水野が指導者として再登場。
  • ドラゴン桜2の原作では、新しい生徒も無事、東大合格というラストを迎える。
  • ドラマ版では、大学入試の傾向が変わったということなどを受けて、原作とは違うストーリー展開になるものと思われる。
  • 原作とは違い、水野は一浪しているという設定なので、新しい生徒たちにも原作とは違う指導をするのでは。
  • 新しい生徒役には髙橋海人(King & Prince)や南沙良さんらがキャスティング。
    桜木を呼び戻す教頭役に及川光博さん。桜木と敵対する理事長役に江口のりこさん。