芸能人有名人

ILANDケイ現在の状況は?2022年までにデビューする可能性は?

ILANDを視聴していた誰もが脱落すると思っていなかったILANDメンバーK(ケイ)。

ENHYPENがメディアに露出したり、話題になったりする度に、ケイのことが気になります。

ILANDの最終回以来、姿が見えなくなってしまったケイ。

現在はどうしているのでしょうか?

このままケイを埋もれさせるなんてありえない!と世界中のケイペンたちが動き出しているのをご存知でしょうか?

ILAND出演していたケイの現在と今後2022年までにデビューする可能性があるのかどうか?をいろいろな観点から考察してみました。

ちゅうこ
ちゅうこ
ケイくんのことはずーっと気になっています。だからこそ絶対デビューして欲しいからこの先のケイくんのことを追っていこうと思います。

ILAND出演のケイ現在の状況は?

  • 10月21日で23歳になるケイの誕生日をきっかけに、ケイにみんなの気持ちを届けたい。
  • Bighitエンターテインメントに、みんながケイをデビューさせて欲しいと思っているケイのファンは世界中にたくさんいるということを知ってもらいたい…。

そんなケイのファンたちの想いが集まって、ものすごい誕生日サポート計画が立ち上がっています。

K-POP界隈では当たり前の誕生日サポート。

どんなことをするのかというと…

自分の推しアイドルの誕生日期間に、駅広告やバス停広告、街灯ビジョンなどに「誕生日おめでとう」広告(センイル広告と呼びます)を出します。

しかしこれには当然ですが、多額の広告費が必要になります。

そのお金はどこから出るのかというと、ファンのひとりひとりが少しずつ出し合って、集めます。

自分の推しアイドルにはこんなにファンがいるんだよ、と世間のみんなに知ってもらいたい、この広告を見た推しが喜ぶことが嬉しい…まさにオタクの精神、貢ぎ物です。

そして、この度ケイの誕生日期間に、ケイペンたちが集まって、ケイの誕生日広告を出すことになりました。

場所は世界一広告費が高いと言われているアメリカ、タイムズスクエアの一角にです

そこにケイへの誕生日おめでとうメッセージが掲載されます。

世界一って、タイムズスクエアの広告費っていくらなの?というところですが、年間だと201万ドル。

1ドルを112円で計算すると年間22億5120万円かかり、1週間だとおよそ4317万もの広告費が必要になります。

それはそれで目玉が飛び出そうなくらいの金額でびっくりなのですが、よく考えるとケイってまだデビューしてない言わば一般人です。

なのにこんなにお金が集まるなんて、世界一の場所に誕生日おめでとうのメッセージが出るなんて、すごすぎませんか?

そして、ケイのセンイルイベントはこれだけにとどまらず、韓国のバス停にも広告が出ています。

K-POPアイドルの定番カップホルダーイベントも行われております。

そして、そして、もっとびっくりなのが、月の土地の一部をケイにプレゼントしたという報告も上がっていて、この企画を立ち上げた方の有能さ、ケイを支えるファンたちの行動力はもはや称賛に価します。

これだけ大きなサポートイベントをすれば、必ずBigHitエンターテインメントの目や耳に入るはずなので、ケイのデビューになにかしらの影響を与えると思います。

しかもこれだけではなく、まだ続きがあるらしいので、これに対してBigHitエンターテインメントがどんな策を出してくれるのかが気になります。




ILAND出演のケイの署名活動って?

お金を出すだけではなく、お金を使わない方法でも、ケイの早期デビューを求める活動が行われています。

「BringbackK」(ケイを戻そう)と言う名の署名活動には、すでに26,900人の署名が集まっていて、3万人に迫る勢い。

賛同したい方はこちらをクリック

こちらはBTSが大ヒットしたことによって、メンバーは7人ということにこだわったBigHitエンターテインメントに、ケイの才能があれば7人にこだわらなくてもいいのではないか?

ENHYPENを8人にしてケイを入れてデビューさせて欲しいという要望の署名です。

ですが、いまさらENHYPENに入るとすると、ILANDってなんだったの?となってしまいます。

終始わけのわからないルールで終わったILANDでしたが、ENHYPENメンバーを決めるオーディションだったわけで、それを覆すのはPRODUCEシリーズの不正を暴いたくらいの大事になりかねません。

個人的な意見ですが、ヒスンがTXT脱落メンバーだったことを憶えていますか?

あれだけすべてのスキルが高くて、何をやらせても(愛嬌以外は)しっかりこなす実力をもっていたヒスンが、TXTに入れなかったこと、少し不思議に思った人も多かったと思います。

ILANDで常にトップクラスだったヒスン、歌、ダンス、リーダーシップと3つの要素が揃っている…。

これってケイの持つ要素と同じです!

そこで、ヒスンがをTXTに入れず、次の新しいグループの核とするために温存したのではないか?と思えます。

とすると、ケイも同じように次のために温存されたのではないでしょうか。

でも、次のデビューグループって何年かかるの?

と、心配になる人もいると思いますが、BigHitエンターテインメントとBELIFTが新グループデビュー構想をすでに発表していることがわかりました。

ILAND出演のケイは2022年までにデビューする可能性は高い?

都市伝説のように2022年、ケイがデビューするという噂が出回っています。

ENHYPENのデビューが2020年11月の予定なので、ほとんど2021年デビューのような状態で、2022年に次がデビューできるのだろうか?

そんな疑問が生まれますが…

BigHitエンターテインメントの系列会社の新人グループデビュー計画を見ると、2021年~2022年の2年間に渡って、5つのデビュー計画があるんです。

多すぎて本当?と思いますが

BigHitエンターテインメントはもちろん、

ILANDをきっかけに作られたENHYPEN所属のBELIFT

最近BigHitと合併したSEVENTEEN所属のPledisエンターテインメント

といまやアイドルグループ業界で筆頭と言っていいほどのBigHitグループ。

5つもの計画があるというのも納得です。

そして、最終まで残って脱落したケイとダニエルに向けられたBigHit代表のこの言葉…

“きみたちのそばで夢を叶えられるよう全力で支えます。

だから諦めないでカッコイイ姿を見せて欲しい、BTSやENHYPENと同じステージ

に立てるように手伝うよ“

この言葉の裏に、なんとなく確信のようなものが感じられていたのですが、この5つのデビューグループにケイを入れるという思惑が隠されているのではないでしょうか。

ケイのデビューは現所属事務所?

今後のデビュー計画から、BigHitエンターテインメントとBELIFETからデビューするグループがあることがわかりましたが、このどちらかからデビューすると思われます。

  • ENHYPENの弟グループとしてデビューするのであればBELIFET
  • そうでない場合はBigHitエンターテインメント

PRODUCE101JAPANの時のことですが、脱落後SNSに顔を出していない元練習生のほとんどがデビューしています。

おそらく契約時点から事務所の管理が始まるものだと思われ、ケイは韓国での目撃情報が出ていますので、デビューに向けて動いているのではないかと思われます。

いままでのオーディション番組の経緯からILANDメンバーが、ENHYPENのデビューより先にデビューすることは他事務所であっても、大人の事情でありえないので、2022年説はとても信憑性の高い話だと思います。

ものすごく個人的な予想ですが、ケイの年齢やスキルからして、ENHYPENの「弟分」というのはちょっと違和感があります。

ENHYPENの弟グループは、タキやダニエルで、ケイはBigHitからデビューするのではないか?そんな気がします。

余談ですが、タキへのサポートも日本で盛り上がっていて、タキの応援ラッピングトラックや、広告が出ているようです。

ケイの今後とともに、タキの今後に注目です。

まとめ

  • ILANDに出演していたケイのために「ケイ(K)誕生日イベント」がファンによって行われている
  • 10月21日のケイの誕生日に掛けて、タイムズスクエアに誕生日おめでとう広告が出される
  • BigHit系列の各会社では、2021年~2022年にかけて5つの新人デビュー計画があることが発表されている
  • ILANDに出演していたケイが現在の状況をSNS上に出さないということからデビューのために準備しているのではないかと予測できる